ここから本文です

国語の問題の品詞とは…

unk********さん

2010/1/1422:29:30

国語の問題の品詞とは…

品詞の、
名詞、代名詞、動詞、形容詞、形容動詞、副詞、
連体詞、接続詞、感動詞、助詞、助動詞
とは例えばどんなのですか?
あと国語の品詞と品詞名とでは違いますよね?
品詞名と聞かれたら五段活用とかですよね?
だれか教えてください。

閲覧数:
53,787
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

u2u********さん

2010/1/1523:01:20

名詞→事柄を表す
黒板、ノート、優しさ、泳ぎ、アメリカ、「源氏物語」、1冊、2回、こと、もの など

代名詞→人や場所、方向などを指し示す
私、あなた、彼、ぼく、これ、それ、あれ、どれ、こっち、ここら など

動詞→動作・作用・存在を表す(終止形はウ段で終わる)
走る、書く、見る、起きる、あける、閉める、来る、する、勉強する など

形容詞→状態・様子を表す(終止形はイで終わる)
美しい、楽しい、すがすがしい、赤い、高い、深い、暗い、丸い など

形容動詞→状態・様子を表す(終止形はダで終わる)
きれいだ、静かだ、積極的だ、穏やかだ、かすかだ、さわやかだ など

副詞→主に用言(動詞・形容詞・形容動詞)を修飾する
ゆっくり、たっぷり、とても、ちょっと、ざーざーと、きらきら、まったく など

連体詞→体言(名詞・代名詞)を修飾jする
この、その、あの、どの、例の、単なる、ある、わが など

接続詞→文と文、語と語をつなげる
そして、しかし、そのうえ、むしろ、それとも、ところで など

感動詞→感動・応答・呼びかけなどを表す
はい、うわっ、きゃあ、ねえ、もしもし、いよっ、おい など



助動詞→意味を付け加える
れる、たい、たがる、させる、らしい、ようだ、だ、ます など

助詞→語と語の関係をしめす
が、を、と、へ、は、から、まで、ばかり、で、しか、わ、よ など



と書いても、特に付属語である助動詞と助詞は品詞の例だけではわかりづらいですね。

この11個が品詞といい、その名を品詞名といいます。テストで「①の品詞を書きなさい」でも「①の品詞名を書きなさい」でも通じますね。ほとんど同じ意味です。


五段活用というのは、五種類ある「動詞の活用」の一種類です。「活用の種類」

書かない
書きます
書く
書くとき
書けば
書け
書こう
書いた
↓↓
この行を見るとかきくけこが見えるでしょう。ア段からオ段までの5段の音で変化しているのを言います。

他の4つは以下の通り
上一段活用
下一段活用
カ行変格活用
サ行変格活用

質問した人からのコメント

2010/1/15 23:04:14

感謝 わかりやすかったです☆
ありがとうございます♪

「品詞名」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる