ここから本文です

ブレーカーは契約電力以上使わせないためにあるのですか?

unc********さん

2010/1/1617:04:26

ブレーカーは契約電力以上使わせないためにあるのですか?

基本的な質問ですみません…ふと思ったのですが、
電気を使い過ぎた時にブレーカーが落ちるのは、どうしてなのでしょうか?

何かの安全のためだとずっと思っていたのですが、

契約を変えると使用可能な電力量を増やすことが出来るということは、
契約以上に電力を使わせないようにするためなのでしょうか?

補足うちはマンションなんですが、先ほど見てみたら3種類ありました。
・単3用Sブレーカ電流制限器(30A)×1
・漏電遮断器(40A)×1
・小さいやつ×5

うちの契約が30Aですので、電流制限器が契約のためで、
漏電遮断器と小さいのが主幹と分岐で、安全のため、
という事なんですね。なるほど。

今までこの部屋でブレーカーが落ちた事はないのですが、
実際落ちるとしたら、まず電流制限器なんですね、きっと。

閲覧数:
2,229
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jod********さん

2010/1/1710:51:27

電気は無尽蔵にあるわけではありませんので、何らかの制限が必要です。

工場などで使う高圧電力の場合は、ブレーカーが落ちるように切れてしまっては仕事になりませんので、ピーク電力が更新されれば、その後1年間はその更新してしまったピーク電力の最高値を基準にした基本料金を支払わなければならないという、ペナルティ制とも言える方法をとっています。

家庭用で主に使われる電灯用の場合は、ブレーカーで切れるようにしても大きな問題ではないため、この方法で制限しています。

契約以上に使わせないという言い方ももちろんできますが、電力会社も契約値で最大の使用電力量の動向を把握できるとも言えます。使ってはいけないというわけではなく、使うなら知らせて欲しいということですね。もちろん基本料金も違ってくることは事実ですが。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cob********さん

2010/1/1620:42:21

>ブレーカーは契約電力以上使わせないためにあるのですか?
ご質問者さまの考え方で合っています。
分電盤の一番外側に有る(電力会社側)ブレーカーは
契約電力(電流)以上流れると切れます。

その他のブレーカは、安全のため過電流が流れたとか、
欠相や漏電したとか用途や目的で切れます。

>契約を変えると使用可能な電力量を増やすことが出来るということは、
>契約以上に電力を使わせないようにするためなのでしょうか?
間違ってないですが、
その前に条件が有ります。
引込み線の容量(電線に流せる電流以上)以上の契約変更は、安全が確保できないと、増やすことはできません(減らすのはOK)
契約用のブレーカー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%A2%E...

nai********さん

2010/1/1619:39:18

ブレーカと契約電力は直接関係はありません。
ブレーカは安全のために設置しています。
家庭に設置するブレーカには主幹ブレーカと分岐ブレーカがあります。どちらも電気を使いすぎると切れます。
主幹ブレーカは電信柱等から配線している配線を保護する目的で設置します。
配線の太さによって使える電気量が決まっていて、決まっている量を超えて電気を使うと火災や変圧器の故障の原因になります。
主幹ブレーカの大きさは通常は分岐ブレーカの数や家の広さ等を考慮して決定します。
参考
http://denko.panasonic.biz/Ebox/compact21/kimekata/
分岐ブレーカはコンセントに差し込んだ機器が壊れた時に沢山の電気が流れて配線が焼けるのを防ぎます。

電力会社との契約で設置する電流制限機(ブレーカーに似た形です)は契約した電力以上電気を使わせない為の物です。
電力会社により違いますが、首都圏では10Aごとに基本契約料金が高くなります。
中国電力のように電流制限機の設置を義務付けしていない電力会社もあります。
この場合は純粋に安全のために設置します。

歴史のある建築物(マンションなど)では個別住戸まで配線している電線に余裕が無いところもあり、全体で使える電気量を制限しているところもあります。マンションの規約で決まっている事があります。

cor********さん

2010/1/1617:22:13

契約用のブレーカーは、契約電力以上使わせないためにあります。

それはメーター、屋外の電線、柱の上の変圧器など、最大使用にあわせたサイズ(規格)になっているからです。

契約電力を変更すると、屋外の電線、メーター、変圧器などのサイズアップする必要性が出てきます。それぞれ余裕がありますが。

たとえば、契約変更の申し込みをしないでブレーカの容量以上使用した場合、電線は焼損してしまう、変圧器が焼損してしまうなどの障害がでてきます。(それぞれにヒューズが入っていますので、現実的には停電になるだけ)
考え方からすると、安全のためということになります。

mas********さん

2010/1/1617:18:06

ブレーカーは安全のために設置します。
電力会社とは関係ありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる