ここから本文です

秦(はた)さんていう名前の人は先祖が渡来人なの?

a07********さん

2010/1/2112:38:34

秦(はた)さんていう名前の人は先祖が渡来人なの?

弓削(ゆげ)さんの先祖は武器とか作っていたのですか?
錦織(にしこり)さんは織物職人の末裔なんでしょうか?

それとも単純に格好良さそうだから勝手に付けただけなのでしょうか?
もしほかに変わった名前とかご存知でしたら教えてください!

閲覧数:
21,828
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hit********さん

2010/1/2817:35:32

秦(はた)が渡来人と関係深い姓であることは間違いありません。
はた,という読みは「はたおり」の「はた」と同じ意味で織物を表しています。
しかし,秦という字が当てられたのは,秦に「織物」という意味があったからではありません。
渡来人として,中国から渡ってきたので,中国の王朝秦のイメージから,姓が「秦」。でも,読みは仕事内容から「はた」
読みと,字の意味がかけ離れている姓の一つです。

同様に,質問者の方があげられている「弓削」や「錦織」も古代の姓で,まさしく職業と結びついています。
有名な服部(はっとり)も秦と同じで,織物の仕事,「服織部」(はたおりべ)からきています。
このうち,漢字では「織」が抜け,読みでは「べ」が抜けたので,「服部」(はっとり)という奇妙な読みになりました。
あと,古代豪族の姓で今でも残っているものといえば,日下部(くさかべ)もそうです。
なぜこのような読みになったのかは定説はありません。日が照っているところは草が生えいいにおいがする,「草香」が語源ともいいますが,秦のように元々「クサカ」という場所に住んでいて,そこが「日向の下」だからなのか(日下部氏は日向や豊後の豪族),「日のもとで堂々としている豪族」だからなのか,職業姓ではありませんが,これも考えるとおもしろい姓だと思います。(この回答を書くのに,1時間くらい調べました。いろいろと勉強になりました。苗字や姓を考えていくのは楽しいですね)
あと,今はいませんが東漢(やまとのあや)さんや西文(かわちのあや)さんがいました。
苗字まで考えていくと多すぎなので,ここでは姓だけふれておきます。

質問した人からのコメント

2010/1/29 02:47:37

成功 名前って面白いですね!服部さんと日下さんもそうだったのですね。為になりました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaz********さん

2010/1/2115:11:20

秦という苗字は平安のころの中国から来た帰化人のうち、機織(はたおり)職人の一群に与えられた苗字です。
現在の苗字は明治維新以降にすべての国民に姓をつけることになったので、一概にその子孫かというと疑問ですね。
しかも平安期にはかなりの文化人が帰化人として来ていますから、現在では先祖という意味では貴方の先祖かもしれません。
純粋に日本人というのは今では(土着という意味ですが)アイヌ人しかいないと思います。
大和人はほぼ間違いなく帰化人と血が混ざっているでしょう。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる