ここから本文です

おくるみ卒業のタイミングと過程について。 赤ちゃんのねかしつけにおくるみを使...

ros********さん

2010/1/2212:39:07

おくるみ卒業のタイミングと過程について。
赤ちゃんのねかしつけにおくるみを使っておられた方々に質問です。

5ヶ月になるわが子を夜だけおくるみで寝かしつけていましたが、
最近包む際に身体を反らせて大声で嫌がるようになりました。

しかし、おくるみを取って寝かしつけると、眠ってる間に手を無意識に動かして
顔を触ったりしてしまい、それが刺激となって目を覚ましてしまいます。
1時間も寝てくれません。

おくるみは「ミラクルブランケット」という商品名のもので、結構きっちり手を固定するタイプです。
昼間はズリ這いをし始め、身体を動かすことにとても意欲的な子でして
どうも手を固定され自由が利かないのが本人的に腹立たしい様子です。

皆様はどのような過程を経て、お子様のおくるみ卒業へのステップを踏まれましたか?

生後何ヶ月ごろだったか、またその方法や赤ちゃんの様子など教えていただけたら幸いです。
また、何か良い対処法などありましたらご教示いただきたく、よろしくお願いいたします。

補足冒頭でも書いておりますが

お く る み を 使 っ て お ら れ た 方 々

へ質問させていただいてます。

念のため申し上げておきますが、使用中のおくるみは股関節脱臼のリスクを考慮し
赤ちゃんに安定した十分な睡眠をとらせる為にきちんと安全設計されたものです。

おくるみをどのようにして卒業されたか、その経緯を参考までにお伺いしたいだけなのです。
引き続き、よろしくお願い申し上げます。

閲覧数:
11,102
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

o_y********さん

2010/1/2212:49:34

アハハ オッチャンちは
アハハ オクルミ せんかった
アハハ でも 自分の手で
アハハ 顔を 引っかいたり
アハハ せんように 手袋を
アハハ 着けさせたよ
アハハ 下の子の時も
アハハ 同じ 他所の人と
アハハ おんなじ 物差しで
アハハ 子供さんを みらんでね
アハハ 貴方の感性で
アハハ 気楽に 向き合いなさい
アハハ 元気の好いお子さんですもんね
アハハ あんまり 無理せんとね
アハハ 又ね バイバイ

質問した人からのコメント

2010/1/28 20:09:04

アハハのおっちゃんありがとう。

ミラクルブランケットをやめて毛布でやんわり包んであげた所
毎晩ニッコリ、ご機嫌でねんねしてくれてます。

あれこれ試行錯誤してがんばっているのに、「怠った」だの「虐待」だの、
平気で無神経な発言をするどこかの親御さん言うことなど気にせず気楽にがんばります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

_pr********さん

編集あり2010/1/2417:49:02

おくるみをするお母さんが多いのは、ごく最近の傾向です。

15年位前までは、股関節脱臼防止のため赤ちゃんをくるむなんてもってのほかとされていましたし
産院でも、1ヶ月健診でも、3ヶ月健診でも、徹底的に行政から指導が入りました。

タイミングということですが・・・
5ヶ月といったら、ウチのこども達なら自由に動き回ってた月齢ですし
そうとう寝相も悪かった時期です。
6帖の和室の端から端までハイハイで移動しながら眠っていました。

そんな発達の段階である時期(5ヶ月)まで、おくるみでくるんで寝かしつけていたということが
どれだけ赤ちゃんの筋肉と骨の発達を妨げてきたのか、考えたことがありますか???

もっと赤ちゃんに自由な環境を整えてあげてください。

小児科医グループや整形外科医グループ、歯科医、体育教師などと子育てについて協議していますが
このおくるみのような、「モロー反射をさせないための道具」に対しては、「ありえない!!」という意見しか出てこないのです。
拘束具=虐待道具 というのが、まともな大人の見解だと思いますよ。

昨今は、欧米の育児補助具がどんどん入ってきますが、
元来日本では、赤ちゃんのうちから個室を与えて、一人きりで寝かせておくという習慣がありません。
朝まで子供部屋に一人っきりで新生児を寝かせておくためにつくられた事故防止用具を、
日本の添い寝育児に持ち込むこと自体おかしいのです。

我が家では、産後から3ヶ月くらいまでの間は
毎晩毎晩、夫婦で交代しながら、抱っこしたり、小さな手を握りながら語りかけたり、ときには歌を歌って聞かせたりして、
赤ちゃんが心穏やかに眠れるように、ママとパパと一緒にいることが安心だということを知ってもらうために
とことん赤ちゃんにつきあいました。

日本の家庭では、ずっと、こうやって子供を寝かしつけてきたはずです。
質問者さんの親御さんだって、そうやって毎晩抱いてあやしながら育ててきたから、質問者さんの今があるはずなんです。

生まれてから最初の3ヶ月までにすべきことミラクルブランケットを使うことで怠ってきたのですから
時期を逸してはいますが、これから教えていくしかないと思います。

自然な環境で育てていると、
赤ちゃんは生後1ヶ月から2ヶ月の時期に、自分の手や指を動かして、動く手を眺めながら、動かすことと動くことの因果関係を学びます。
手を口に入れながら、手が口に吸われる感覚と、口で手を吸う感覚の因果関係を学びます。
そうやって、自分自身のコントロールが上手になっていくんです。
手を舐めたり、指を吸ったり、毛布を引っ張ったりしながら、
その子独自の眠りに入るまでのクセやルールができていくのです。

それをさせなかったのは、質問者さん(親)なのですから
これからこの子独自の眠るときのルールをみつけさせてあげるより他ないと思いますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる