ここから本文です

to 不定詞の形容詞的用法と副詞的用法の違いです。

kaz********さん

2010/1/2417:15:40

to 不定詞の形容詞的用法と副詞的用法の違いです。

前に名詞があれば、.....~するための.....というふうに訳する。と思っていました。
Im looking for someone to help me.私の仕事を手伝ってくれる人を探しています。〔私を手伝ためのだれか〕形容詞的用法

i went to the library to prepare for the test.
でもこちらも前に名詞がありますがこちらは試験勉強をするために...となります。副詞的用法

①前に名詞があるから~するための、と訳すとか、~するために、と訳すのではないのですか?

②ではどういうふうにためのにするか、ためににするかを見抜くのですか?

閲覧数:
14,593
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

編集あり2010/1/2418:20:03

to不定詞の前に名詞があれば名詞的用法というわけではありません。また、「するために」と訳すか「するための」と訳すか他の訳し方をするかは、まったく関係ありません。和訳は日本語なので、日本語で、「ために」だからとか「ための」だからとか考えても、英語で必ずしも同じわけではなく、間違ってしまいます。
意味を捉えるのが最初です。意味が分かると、用法も分かりますし、和訳もできます。まずは文の意味を考えてみてください。

まず、形容詞と副詞が何か分かりますか?
形容詞は名詞を修飾して、どのようなものかを表す語で、
副詞は動詞などを修飾し、どのようにその行為を行うのかを表す語です。

1. John is a slow runner.(ジョンは遅いランナーだ)
2. John walked slowly.(ジョンはゆっくり歩いた)

1.の slow は、どんな runner かという説明(runnerという名詞を修飾)なので、形容詞です。それに対し、2.の slowlyは、どのように歩いたかという説明(walksという動詞を修飾)なので、副詞です。

to不定詞も、どのようなものか、つまり「なにをするためのものなのか」を表していたら「形容詞的用法」で、
どのようにその行為を行うのか、つまり「なんのためにその行為をするのか」を表していたら「副詞的用法」なわけです。

to不定詞は、文に、「なにをするためのものなのか」や「なんのためにその行為をするのか」という説明を加えるのに使います。[ ]に囲まれたto不定詞の部分が、説明を加えているのを感じ取りながら読んでみてください。また、toは「→」だと思って「方向性」を意識して意味を考えてみてください。

I need money [to buy a car].

まずI need money(私にはお金が必要だ)と言っています。しかし、これで終わらずこれにさらに説明を加えます。to buy a car(→車を買う)。説明していますね?
「私にはお金が必要だ→車を買う」
どんな説明が加わりましたか?…お金を使ってなにをするのか、つまり、どんなお金が必要なのかの説明が加わりましたね。「車を買うお金」が必要だということです。ということは、「なにをするためのものなのか」を表しているので、形容詞的用法です。あとは「オレには車を買う金が要るんだ」でも「私には車を購入するためのお金が必要なんです」でも好きに訳してください。和訳は、同じ意味のことを日本語でどう言うかということです。自分だったら車を買うのにお金が必要なときに日本語で何と言うか考えてみればいいと思います。

Mary went to the library [to study].

まずMary went to the library(メアリーは図書館へ行った)です。これにさらに説明が加わります。to study(→勉強する)。toを「→」だと思って意味を考えてみましょう。
「メアリーは図書館へ行った→勉強する」
どんな説明が加わりましたか?…図書館へ行ってなにをしたのか、言いかえれば、なにをするために図書館へ行ったのか説明していますね。これは「なんのためにその行為をするのか」を表しているので、副詞的用法です。私なら「メアリーは勉強をしに図書館へ行った」くらいに訳します。

「車を買うお金」とか、「勉強しに」などと訳すと、「するための・するために」なんかどっかへ行ってしまいます。日本語は英語と違う言語ですので当然です。I love you.を日本語で言うと「好きだよ」とか「愛してる」になる(日本語ではIとyouを言わない)ことからも明らかなように、全然ひとつひとつの単語は対応していないのです。

訳すことや用法を見抜くことに捉われず、まず意味(「なんのためのものか」「なんのためにその行為をするのか」など)を考えてみてください。
用法を判別したかったり、日本語で同じ内容のことをなんて言うのか考えてみたかったら(訳してみたかったら)、意味を理解したあとにしてください。

難しい文法項目かもしれませんが、掴んでしまえば、他の文法もよく分かるようになる重要なところです。
がんばってください。

質問した人からのコメント

2010/1/31 14:09:06

ほかの皆さんもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nai********さん

2010/1/3101:23:41

①残念ながら違います。
②形容詞的用法は、名詞+to+動詞で、「~するための名詞」が基本。
副詞的用法は、文+to+動詞で、「~するために」が基本。文の最後が名詞で終われば、見た目は形容詞的用法と変わりません。

形容詞的用法は、直前の名詞に係ります。 →私を手伝うための「誰か」
副詞的用法は、文全体の動詞に係ります。→試験勉強をするために「行った」

細かい文法は他の方が説明してくれているのでOKとして、要は訳してみればいんじゃないでしょうか?
私を手伝うために「探す」…変
試験勉強をするための「図書館」…変

って訳したら大概わかると思います^^

mad********さん

2010/1/2418:14:35

これ、けっこう説明がめんどくさいんですよね。
形容詞的用法の場合、被修飾語と不定詞の関係は3つに分類できます。
主語+to 動詞 例)someone to help me
目的語+to 動詞 例)something to eat / something to look for
特殊な単語+to 動詞 例)time to go to bed / a place to sleep など
これにあてはまって、なおかつ意味が通れば形容詞的用法の可能性大。
the library to prepare for the test これはあてはまっていません。
別の観点から、
I’m looking for someone to help me. この文では「〜するために」という
解釈はできません。「私」が「私(自分)を助けるために」というのは
不自然だからです。
結論として、絶対に形容詞的用法ではない、という判断は可能ですが、
形容詞的用法の可能性がある場合は、ほかのいろんな手がかりから
形容詞的用法かどうかを判断しなくてはいけません。
そして最終的にどう考えてもあいまいな場合もでてきます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる