ここから本文です

昨年11月に亡くなった姉に、ニッテレ債権回収株式会社から葉書が届きました。

naturalbaby2010さん

2010/1/2417:52:35

昨年11月に亡くなった姉に、ニッテレ債権回収株式会社から葉書が届きました。

家族一同なんのことだかさっぱり分からず、
とりあえずネットで調べてみたら、会社自体は実在するようでした。

残元金と利息を合わせて16万ほどで・・・

ニッテレ債権回収株式会社の実名での架空請求もあるようですし、
本人は亡くなってしまっているので、全く事情がわからず、
どうすれば良いのかわかりません。

高知県に在住ですが、
大阪のサービシングセンターから届いているようです。

内容は、
商品名として書かれているのが、
「○○銀行のカードローン救済金」
とあり、代金弁済日が2007/2/27となっています。

フリーダイヤルの番号が載っていたのですが、
いきなり何も分からず電話するのも怖いなと思い、
とりあえず明日、市役所の消費生活センターに、
葉書を持って相談に行くことにしましたが・・・

どうするのが一番良いのでしょうか?

補足○○銀行のカードローン救済金っていうのは、
本人がカードで買い物をして、そのお金を支払っていないということなのでしょうか?
無知ですみません・・・

閲覧数:
1,337
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

te_71levinさん

編集あり2010/1/2418:09:40

ハガキの番号ではなく、ニッテレホームページや104番号案内などで調べた電話番号にかけてください。


通常なら本人以外に受け答えしないものですが「亡くなった」なら話しは違います。

そして債権が実在するなら、あくまで相続人に対し請求し続けるか、少額債権ですし諦めるかはニッテレ次第です。

補足
救済金?求償金ではありませんか?銀行のみならず、不良債権は「サービサー」へ譲渡できます。立替金を求償権に基づき請求できます。

質問した人からのコメント

2010/1/28 15:07:13

降参 ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。