ここから本文です

犯罪の成立要件の中で、構成要件該当性というのがよく解りません。 わかりやすく教...

zs0********さん

2010/1/2608:06:06

犯罪の成立要件の中で、構成要件該当性というのがよく解りません。 わかりやすく教えて下さい。

閲覧数:
1,175
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man********さん

2010/2/112:42:33

簡単に言うと犯罪を成立させるための条件です。
この条件に合致しなくては犯罪になりません。

ここでもよくアホな回答者が「人を殺したら殺人罪だ」という類のことを言いますが、「人を殺したら」というだけでは殺人罪としては無罪です。
殺人罪の構成要件は「殺意」です。
ですから、医療ミスで死亡した場合は、殺そうと思って殺したわけではないので、殺人罪としては無罪となります。
ただし、業務上過失致死罪や民事では賠償の話しになりますが、あくまで殺人罪としては「殺意」という構成要件が満たせないので無罪になります。
無罪というより、そもそもそそんな起訴しませんけど、事件の中には微妙なケースもあります。
そういった場合は一つ落として罪で起訴すると有罪に持っていきやすくなります。
例えば過去にも児童ポルノ法違反で逮捕したものの、児童福祉法違反で起訴したという例があります。

質問した人からのコメント

2010/2/1 22:00:38

降参 ありがとう御座います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる