ここから本文です

民法の「私的自治の原則」って何条だかわかる方いらっしゃいますか??また、どう...

hk0********さん

2010/1/2922:25:22

民法の「私的自治の原則」って何条だかわかる方いらっしゃいますか??また、どういう意味でしょうか??素人ですいません・・・おわかりになる方教えて下さい。

閲覧数:
5,500
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

put********さん

2010/1/2922:38:07

民法の条文には無いですよね。

私的自治の原則は、所有権絶対の原則、過失責任の原則とともに、近代私法の三大原則とされています。

これらの原則は、自由主義的国家観と表裏一体の関係にあり、資本主義経済発展の原動力となりました。

しかし、資本主義の発展は、貧富の格差・富の偏在という問題をもたらしました。

ここに、実質的平等の実現を目指す福祉主義的国家観が登場します。

以上を前提として憲法の条文を見てみると、自由権を規定する条文は、自由主義的国家観を前提として、私的自治の原則を保障するものと見ることが出来ます。

特に、職業選択の自由の前提としての営業の自由(第22条第1項)や財産権の保障(第29条第1項)は私的自治の端的な表れということが出来ます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mdr********さん

2010/1/2922:32:38

私的自治は民法の基本原理で,それを定めた直接的な規定などありませんよ。
私人間の権利義務関係は,国家の介入なしに,
私人間の自由な意思に基づいて形成されるべきという考え方です。

もっと簡単に言うと,一般人同士で取引などする場合に,
自分の好きなようにできるのが基本ですよ,という感じです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる