ここから本文です

太宰治の作品で何が一番、好きですか?その理由もお教えください。 僕は「狂言の...

白熊さん

2010/2/821:53:47

太宰治の作品で何が一番、好きですか?その理由もお教えください。
僕は「狂言の神」です。
内容的には太宰治の陰気な香りぷんぷんなのですが、描写が非常におしゃれで好きです。
皆さんは?

閲覧数:
401
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/2/910:29:23

「女生徒」です。

太宰が書く、女性一人称の小説は素晴らしいです。
まるで女性が書いているのではないかと思ってしまうくらい、女性の気持ちが分かっていると思います。

中でも「女生徒」は一番共感出来た作品です。
愛について悩んだり、未来に対して不安になったり…
思春期の女の子の心理が上手く描かれています。

「おやすみなさい。私は、王子さまのいないシンデレラ姫。あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?もう、ふたたびお目にかかりません。」という文章が、一番好きです。
悲劇のヒロインに憧れてしまうのでしょうか?
落ち込んでいる時に読むと、一層共感出来ます。

質問した人からのコメント

2010/2/11 05:57:50

確かに、あの作品は恐ろしいくらいきれいな文章で華麗な描写ですよね・・・
あれ本当に太宰治が書いたのかって思うくらいギャップありますよね(笑)

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ハイジさん

2010/2/911:18:23

「雀こ」です。
彼はどんなにキザに都会風を装っていても、故郷を忘れなかった。
どんなに津軽の訛りを隠そうとしても、「津軽弁」を誇りに思っていた、と思わされる作品です。
理屈を並べた痛々しい作品が多い中、この作品は故郷の景色や子供の遊びを、津軽の春の景色と共に伝えています。
しかも太宰作品の中で唯一「最初から最後まで全てが津軽弁」で書かれています。
このテンポの良さと朗読の音の心地よさはほかの作品では味わえません。

いちこさん

編集あり2010/2/903:36:46

太宰治の文体は、古さを感じさせない、瑞々しさがありますね。好きな本は「斜陽」です。高校生の時に読んだのですが、必死に感情移入しようとしても主人公かず子の気持ちがわからなかった。ただわからないなりに女性の燃えるような強さが心に残り、気になる一冊となりました。今、ある程度の大人になってようやく、シングルマザーを決意したかず子の気持ちや、上原の魅力について理解できる気がします。(しかし、映画では、この二人が佐藤江梨子と温水洋一…なんとかして~!)

yam********さん

2010/2/822:40:06

富嶽百景 綺麗だよね最後が

tyo********さん

2010/2/822:06:21

やっぱり定番。人間失格。
葉蔵のじぶんは人の心がわからないおばけ・・・みたくおもっていて一生懸命人間になろうとしていてもぜんぜんなりきれなくて・・・みたいなのが好きです。
わからな、わからない・・・といいつつも誰よりも分かっているからこそお道化がつつけられるのでは・・・?でもそれを分かんない葉蔵・・・みたいなー。

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる