ここから本文です

住宅エコポイント、耐震等級、フラット35Sの省エネルギー対策等級などの証明につ...

wab********さん

2010/2/1114:33:20

住宅エコポイント、耐震等級、フラット35Sの省エネルギー対策等級などの証明について

現在、新築を静岡で計画中です。
フラット35Sは利用しない予定なのですが、念のために
フラット35Sの基準はクリアしておきたいと思っております。
その際、耐震等級2又は3の証明や 省エネルギー対策等級4の証明は
どこに?いつ?頼んだら良いのでしょうか?
費用はどの程度かかるのか?
現在、間取り、仕様は決まり、今月末に確認申請の予定です。

又、同時に住宅エコポイントを申請したいのですが、これも第三者機関による証明が必要みたいで
どこがいいのか?いつ申請すればいいのか?

又は省エネルギー対策等級4の証明があればエコポイントを申請する為の証明になるのか?
その逆、エコポイントの申請する為の第三者機関の証明があれば
省エネルギー性の基準(フラット35Sの基準)は満たしていると認められるのか?

教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします。

補足>ohtabiさん ありがとうございます。
住宅性能表示の設計住宅性能評価を申請すれば省エネルギー対策等級や耐震等級の値が出てくるという事
でしょうか?
又、事前に省エネルギー対策等級4や耐震等級2又は3が取れるように設計するには
どのように設計すれば良いのでしょうか?なにか設計基準、技術基準の案内などあるのでしょうか?
もし、その設計基準が解りやすく載っている本やサイトなどもありましたら教えて下さい。

閲覧数:
10,158
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oht********さん

編集あり2010/2/1201:16:11

そのまま住宅性能評価を申請すれば良いんじゃないですか?

エコポイントやフラット35S・長期優良住宅で使われている基準は全て住宅性能評価基準です。
各項目でどの等級を取得するかです。

住宅性能評価の設計評価証があれば、住宅版エコポイントはそれを持って証明出来ます。
フラット35Sでは、工事完了後であっても建設住宅性能評価証があれば、申請することが可能です。

詳しくはハウスプラスのHPに各項目が書かれています。
http://www.houseplus.co.jp/


「補足」
その通りです、設計住宅性能評価を申請すれば、各等級が確定出来ます。

詳しく書いてるサイトは、評価協かな~
http://www.hyoukakyoukai.or.jp/

後はハウスプラスのサイト内に「サポートセンター一覧」http://www.houseplus.co.jp/service/seinou_sc.html
ここにある会社は住宅性能評価等長期優良住宅、フラット35Sほ申請をサポートしてる会社です。

書籍は専門書で専門用語満載ですが
https://www.bcj.or.jp/publication/index.php?main_page=product_info&...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bur********さん

2010/2/1619:02:27

<木造住宅の場合>
以下のいずれかの書類
a)住宅性能表示制度(省エネルギー対策等級4)の設計住宅性能評価書
(住宅性能表示制度に関するホームページはこちら)
b)長期優良住宅の認定通知書又は適合証
(長期優良住宅に関するホームページはこちら)
c)住宅省エネラベル(第三者評価)の適合証
(住宅省エネラベルに関するホームページはこちら)
d)フラット35S(省エネルギー性)の適合証明書

<木造住宅以外の場合>
以下のいずれかの書類
a)住宅省エネラベル(第三者評価)の適合証
b)フラット35S(20年金利引き下げタイプ 省エネルギー性)の適合証明書
エコ住宅の新築
a)発行対象
次のA又はBに該当する住宅の新築工事をポイントの発行の対象とします。
A 省エネ法に基づくトップランナー基準相当※1の住宅
外壁、窓等の断熱性能に加えて、給湯設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性について総合的に評価して得られる一次エネルギー消費量が、省エネ法に基づく住宅事業建築主の判断の基準(以下「トップランナー基準※1」という。)に適合する新築住宅を対象とします。
ポイント申請には、上記基準に適合することについて登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明を受ける必要があります。
(参考)トップランナー基準※1
トップランナー基準※1で求める水準は、省エネ判断基準※2を満たす外壁、窓等を有する住宅に、平成20年時点での一般的な設備を備えた場合の一次エネルギー消費量と比べ、概ね10%の削減に相当し、例えば、
(1)省エネ判断基準※2を満たす外壁、窓等と高効率給湯設備(併せて節湯器具を設置)
(2)省エネ判断基準※2を満たす外壁、窓等と熱交換型換気設備や高効率空気調和設備
(3)省エネ判断基準※2を満たす外壁、窓等と太陽光発電設備
(4)省エネ判断基準※2を超える高い断熱性能を有する外壁、窓等
を備えた住宅などが、考えられます。
※1 トップランナー基準相当とは、以下の基準のいずれかに適合することです。
(一戸建ての住宅の場合)
住宅事業建築主の判断の基準
(共同住宅等の場合)
エコポイント対象住宅基準(共同住宅等)
※2 省エネ判断基準を満たすとは、以下の基準のいずれかに適合することです。
・住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準
・住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針

B 省エネ基準を満たす木造住宅
省エネ判断基準※を満たす外壁、窓等を有する木造住宅を対象とします。
木造住宅であるかどうかの判断は、確認済証、建築工事届等において、「主たる建築物の構造」が「木造」と記載されているかどうかによるものとします。
ポイントの申請には、上記基準に適合することについて登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明を受ける必要があります。
※省エネ判断基準を満たすとは、以下の基準のいずれかに適合することです。
・住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準
・住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針
その際、耐震等級2又は3の証明や 省エネルギー対策等級4の証明は
どこに?いつ?頼んだら良いのか。
どこに→登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明→性能評価書です。
いつ→着工前
エコポイントも申請機関は同じです。
第3者機関は民間なので、費用がばらばらですが、3万円程度です。
http://www.cbl.or.jp/ecopoint/index.html

1)一戸建ての住宅
構造 審査基準 料金(円)
木造住宅 仕様基準 30,000
性能基準 40,000
木造住宅以外 断熱性能が既に確認されている場合* 35,000
仕様基準 45,000
上記以外の基準 55,000
また、住宅版エコポイントは、長期優良住宅や、住宅金融支援機構のフラット35Sと組み合わせることにより、金利や所得税の減免等の効果があります。
なお、省エネルギー基準は、平成11年基準(トップランナー基準)基準事体は同じであるが、省エネルギー性の基準(フラット35Sの基準)と省エネルギー対策等級4は、
別物です。
メルマガ
貴方の住宅に対する安心と安全、快適、安らぎを無料で差し上げます。

http://www.mag2.com/m/0001020643.html

新築・リフォーム補助や住宅版エコポイントでお得に幸になる住まい土地相談室
http://jyutakunokamisama.blog41.fc2.com/

mam********さん

2010/2/1213:05:51

実際にローンを使うかどうか未定でも、フラット35Sの基準をみたしているという証明が必要であれば設計審査と現場検査、竣工検査を受ける必要があります。費用も建築センターへ確認申請と一緒に出せば3~4万の追加程度でしょう。
エコポイントの申請にはそのフラット35Sに適合しているという証明書の写しでも申請できますので、別途エコポイント証明書を取る必要はありません。

前回答者の言う住宅性能表示の設計住宅性能評価は省エネ性以外も設計内容を評価するものであり、全部で10項目もあります。今回必要なのはその中の省エネ性能のたった1つなので申請にかかる時間や費用を考えれば適当とは思えません。

尚、今回フラット35Sの証明を省エネ等級4で取る事になりますが、使用するサッシの性能と、断熱材の熱伝導率×使用する厚みで基準を満たすかどうか判定します。設計士が必要な厚みの数値を出してくれると思いますよ。

qll********さん

2010/2/1210:02:27

確認申請時に同時にフラット35Sの設計審査を行なうと申請コストが
おさえられますよ。(融資の審査ではなくて建物の審査)
コストはそのメーカーなり設計事務所が行なう構造設計費と
申請手数料、手続き費、省エネでしたらそれに伴う工事費用なので
ケースバイケースなんともいえないですね。
フラット35sの融資を使わなくても建物の設計審査と現場審査を経ていれば
エコポイントの第三者証明に代えれられますし、
設計通りにつくればそれに応じた耐震等級の住宅になります。
仕様は 住宅金融普及協会発行 木造住宅工事仕様書(解説付き)¥1,238-が
家全体の工事方法もふくめ職業としない方でも分かりやすいですよ。(フラット35の仕様書なのですが)
最寄の審査機関、大きい本屋さん、フラット35のサイトで買えますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる