ネットワークビジネスへの勧誘でしょうか? ≪金持ち父さんと貧乏父さん≫をやけに薦めてきます。 もしそうなら、友人が染まっていて不安です。

友人関係の悩み16,758閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(5件)

1

会社名も言えないようなネットワークチックなモノには手を出さない方が賢明です。 ネットワークをしてる者としては、 その会社に誇りを持ってる そこの製品に自信がある プランに落とし穴が無い そう思ってるからしているのであって、会社名も言えない、どんな仕事かも言えない、何を取り扱ってるかも言えない。では怖すぎです。 友人はあなたに、この人と同じ道を辿れば、この人と同じになるってのをイメージ付けたいのだと思います。 お金持ちになれるとイメージ付けたいのだと思います。 やってることはテレビCMと変わりません。 中身のことは何も言わず、外身のことしか述べない、上辺だけのいいことしか見せない。 これでは、魅力も何もあったものではありません。 もし仮にネットワークの勧誘なのであれば、会社名を名乗らない、内容を話さないところには手を出さない方がいいです。 入会金が高かったり、年会費が高かったり、プランにノルマがあったり、オートシップで毎月万単位の製品を送りつけられたり、製品が市販品と変わらないのに値段が高いとか、最悪会社自体が無くなったりとか・・・。 第三者の目として、その友人の会社に行ってみるのはどうでしょうか? こういう仕事は恋愛と同じで、好きになったらその人しか見えなくなります。 いくら周りから悪女だと言われても、聞く耳持たなくなります。 結局遊ばれてお金取られて捨てられて、初めて悪女だと気付くこともあれば、自分にとってはイイ女だったとずっと引きずるか、です。 冷静にその会社を分析して、根気よく、いいとこと悪いとこを友人に言うしかないと思います。 くれぐれもミイラ取りがミイラにならないように・・・。

1人がナイス!しています

1

私は『金持ち父さん貧乏父さん』は読んだほうがいいと思います。 お金に対する正しい知識を身につけろ、数字が読めるようになれ、そのためにどう動けばよいかという指南書です。 私は誰に勧められるでもなく読んだのですが、今までの自分を反省させられました。 仕事に向かう姿勢を変えさせられる本だったからです。 それによってマルチサイコーな気持ちにはなりませんから、まずはご安心を・・・。 ロバートキヨサキ氏がマルチを薦めたのは通常とは別の視点からのセールスを学べる(編み出せる)からであって、それだけで成功する為ではありません。 本には確かにマルチ商法をやってみてもいいとは言っていますが、マルチ商法こそ全てのような書き方はしていません。 私はそんな本をマルチに利用されるのはちょっと残念に思います。 マルチを進める人は、あの本の本質を歪めてしまっている思います。 また、ビジネスセンスが磨かれていないうちにマルチに飛び込むことも無謀といえるでしょう。 高級外車を乗り回す方・・・ どれほど成功された方か分かりませんが、まさか羽振りのよさをアピールする為に負債を負ってないでしょうね・・・? このタイプは饒舌で冷静、嘘がとても上手ですからお気をつけを・・・。

1人がナイス!しています

0

マルチ商法の勧誘でしょうね。 勧誘にも様々な方法があります。 最初から社名を明かしてストレートに誘ってくることもありますし、本を勧めたり人生論を語ったりするだけで、なかなか正体を現さないこともあります。 後者の場合、じわじわと迫る感じですね。 本やゲームなどで「ビジネス」についての興味を持たせ、高級外車やブランド物などで「成功者」のイメージを植え付け、「このビジネスに参加すれば儲けることができるかもしれない」と思わせるわけです。 ストレートに勧誘すると拒絶されることも多いのですが、少しずつペースに巻き込んでいくことで拒否感が出ないようにするんです。 ビジネスの実態が分かるのは、あなたがビジネスに興味を持ち、話を聞きたがるようになっていると向こうが判断してからでしょう。 この方法は時間はかかりますが、引っかかる人も結構いるようです。 あなたは冷静ですし自分自身の価値観をお持ちのようですね。 (そういう人は引っかからないんです) ゲームなどの誘いがあっても行く気が無いならきっぱり断りましょう。 共通の友人知人に連絡して、その友人さんの話に乗らないように注意しておきます。 友人さんの方はビジネスの話抜きで会話が成立するなら普通に付き合いますが、そうでないなら距離を置いて見守るしかないと思います。 真正面から反論すれば逆効果になることもありますから、説得などはしないように。 ハマっている状態では正論は通じません。 今は全く別の価値観で動いていますから、自分で気付かない限り目が覚めないでしょう。 頭がカッカしている状態よりも少し冷めてきた頃の方が、人の話を聞けるかもしれませんから、その時期を待ちましょう。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

●ネットワークビジネス(マルチ商法、連鎖販売取引) ●詐欺(投資系詐欺) ●ネットワークビジネスを装った詐欺 ●ねずみ講 どれかじゃないかな。いずれにしろ、商売の内容も言えないなんてロクなもんじゃないです。 もしネットワークビジネス(マルチ商法、連鎖販売取引)だったばあい、今の時点で既に違法です。 勧誘に先立って、会社名や商品の種類やマルチの勧誘であることを告げねばならないと法律で決められていますから。 マルチで無くとも、自分で具体的な内容を話せないなんて、あまりにも怪しすぎます。 ≪金持ち父さんと貧乏父さん≫などという、ボードゲームを売るために書かれたフィクション本を持ち出してくるのも、ちょっとレベルが低いです。ご懸念のように、マルチの人はこの本が大好きですね。 紹介された人はどんな仕事かは具体的に言わなかったのですね?詐欺師は口がうまいものですよ。現実の詐欺師は、漫画みたいにいかにも詐欺師の悪人顔ではありません。 (その合った場はどこでしたか?飲食店なら、その場の代金は奢ってくれましたか?儲かっているはずなのに一円単位までワリカンというバカバカしい話も多くあるようです) マルチでよく使われる勧誘手法にABC勧誘というのがあります。鴨のあなたとVS勧誘者+勧誘者の上位の人、という1対2で勧誘する手法です。 頭がよい人でも、マインドコントロール状態になると判断力を失います。 疑うのは悪いことだと教えられ、リスクの計算さえしません。 収支の計算も何もしていないと思います。例えば、月に50万の収入を得るようになるには幾らの投資でどのくらいの期間が必要なのか。投資額はどのくらいの期間で回収する予定なのか。月に50万円の利益でやっていけるのか。 などなど、具体的に計算させましょう。

0

どうしたいんですか?今後について??? 自分はしたくなければしなきゃ良いんです 巻き込まれたくないなら巻き込まれなければ良いんです 友達との縁を切りたくなければ切らなければ良いんです 友人は自ら進んでしてるのだから心配したところで今は無駄でしょう 失敗すれば現実に戻ってきますので嵌ってる間は放置で良いのでは? 何事も経験です 最悪の事態の手前で救ってあげるのは友達の役目ですが 今の時点で手元から大金が動いた・・・などの情報がない限りは様子見です あなた自身にも問題があります 怪しい根拠を具体的に・・ある程度調べる術はあるでしょう? 会社自体の連絡先や連絡先を教えてくれた人の素性や環境etc・・・ ネットワークビジネスの中にも自信のある所はちゃんとパンフも用意してあります そんなものもないなら悩む間もなくそれは否定・拒否の理由になるだけでしょう まず何でもある程度は調べてから考えるか 友達を辞めさせるかアドバイスを求めてはいかがですか? 詐欺などの犯罪性があるかないかで回答も変わってきます