ここから本文です

修復歴有りの中古車って事故車なんですよね?人を殺めた車両って事もありえますよ...

cab********さん

2010/2/2813:36:51

修復歴有りの中古車って事故車なんですよね?人を殺めた車両って事もありえますよね?やはり修復歴有りの中古車は購入後、修理が多くなったりしますか?安いし年式も新しいので買い得のような気がするのですが・・・

閲覧数:
7,142
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hib********さん

2010/2/2819:37:42

自分でぶつけても車同士でぶつけて修理しても誰かあやめて傷があっても修復して儲かるなら修復して売ってますよ。自分は知り合いの車屋から中古を買いましたが、修理というか、費用はバッテリーやタイヤぐらいで済んでます。当たり外れはあると思って買いましたが当たりでした。 滅多にないですが新車で納車されて修理痕がありもめた知り合いもいますがw ローン組んで買ったけど払えなくて売った・・・なんてのもありますが、買えるなら新車だと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gou********さん

2010/3/612:57:55

修復歴車というのは車の骨格部位に損傷のあるもの、或いはその痕跡のあるもののことをいいます。
ですからたとえば人を撥ねた車両でもフロントバンパーとボンネットその他グリル、ライト周りの部品を交換している程度なら修復歴車にはなりません。ただ事実としてその情報を知らされれば気にはなりますよね?
また本当の修復歴車を購入する場合は事故にもAランク、Bランク、Cランクがあり更には前、後ろ、横、ルーフ等部位の違いもあります。どの箇所にどの程度の損傷があったのかを知った上で購入を検討するべきですよ。
一般には車両前部の事故ほど後に不具合が出ることが多いといいますから。
あと、その車を乗り潰すのか或いは何年程度乗るのかということも大きな判断材料ですね。

orc********さん

編集あり2010/2/2822:00:43

事故車と言っても様々です。
ただあまりにぶっ壊れたら直せないので(直しても売り物にならない)、直せる程度の壊れ方をした事故車ですね。
お話の通りお得ですが、しっかりした店から買わないと、トラブルの元です(歪みがしっかり直ってなかったり)。
あまり車に濃い方でなければ、止めた方が無難です。逆に濃い人は、わざわざ安いからと探して買う人も居ます。

ken********さん

2010/2/2818:55:18

修復歴の定義
http://www.jaai.com/crossroad/02.htm

他の回答でフレームの交換以外は修復歴にあたらないと言うのは間違いです。
交換したり、あるいは修復(修正・補修)したものが修復歴車となります。

本当に軽度のものは少し壁にぶつけた程度、重大な事故でぐちゃぐちゃに潰れた車輌も一括りに修復歴ありになってしまいます。
修復歴に関しては購入前に、質問すればどの部位・程度か教えてもらえますので聞いたほうが良いと思います。
軽修復で走行にも一切支障がない場合はお買い得になるケースが多々有ります。

当方車輌仕入れの際に避けるのは足回りまで逝った車輌、ピラー交換で全体に歪が及んでいる可能性のある車輌等々は避ける様にしてます。
あと大きな人身事故が想定されるような損傷のある車輌等々。。。。
修復歴のありなしで修理が多くなると言うのはあまり聞きませんが、キチンと直ってない場合には想定されるかと思います。

ayr********さん

編集あり2010/3/110:10:36

よくテレビの警察捜査のドキュメンタリーが放送されますよね。不適切な表現かも知れませんが、何か物にぶつかってグチャグチャの車のシーンもあれば、人を轢いてフロントガラスが割れた状態の一見するとすごい損傷を受けたような車のシーンとかありますが、物と違い人の場合の車の損傷はたいした事はないもんです。

修復歴とは安全ボディーで潰れやすく出来ている現代の車の場合、骨格であるフレームを交換しないと修復歴になりません。修正レベルでは修復歴車とはならないのです。

なぜそうなのかと言うと、安全ボディーのおかげでより潰れやすく、より潰れる箇所を増やし衝撃を吸収しましょうと言う考え方があり、例えばフロントの場合にバンパーの裏側に太い頑丈なフレーム補強が入っていますが、10年前ならバンパーの形状と取り付け位置の精度を保つためのほんの細い部材しか採用していませんでした。

太いフレームが入っていると言うことは、バンパーを強めにぶつけてしまえばフレームも曲がりますし、根元である車体のフレームも曲がってしまいます。曲がったものは修正しないと元の位置に取り付け出来ないので、それらをフレームに関わるからといって修復歴有りとするのは、現代の車の構造にはそぐわないとして交換で初めて修復歴アリという規定になっています。

よって、人を殺めた車は実は修復歴には当たらない事例が多いと思います。本当に不適切で失礼しますが、物にぶつかった車より人の方がダメージは少なく、故障発生の頻度もずっと下がると思います。

修復歴=事故車 ではありません。全然意味の違う言葉です。


言葉足らずで理解を得なくて申し訳ないのか、揚げ足取りかいまいちですが、こちらも反論させていただく。私が訴えているのは人を轢いた際の損傷が他車やガードレールに比して軽微なものであろうという事。そこは不適切とおことわり申し上げている。

確かに査定協会の基準では修正も修復歴と記述されているが、今現在は対安全ボディーの査定基準としてさらに細則・特例基準が追加されている。まさか知らないわけではないでしょう。それによると軽微な修正は修復歴を適用しないとハッキリ記述されている。軽微か重度かはケースバイケースでしょうが、対人の損傷とすれば車やガードレールなどに比べればという事を述べている。

あなたがそうだとは断定しませんが、中古業界は売る立場になると上記の言い回しで事故車じゃないと言うくせに、買う立場になるとほんの小さな修正を突いて下取り価格を下げ当たり前の値段で商売する、業者AAで仕入れの際に同じようにクレームを入れるなど日常茶飯事ではありませんか?他人を否定し公の基準を指し示すなら、正々堂々と全て正確に伝えなさい。今ある基準の全てを晒さないあたりはとても信用できません。

dhr********さん

編集あり2010/2/2814:37:22

人を殺めた車両って・・・たとえ轢き殺していてもボディが無事なら修復歴関係ないし、売却時に「人をはねたから売る」なんて言いませんよ。普通は。そんなことあっても車屋も知らないでしょう。
修復歴アリ=呪われていてやばいから安い、ではありません。前の住人が自殺したから安いアパート、みたいなのとは違います。

故障があまり重症だと修理してもまっすぐ走らないとか心配なんで、特定の修理については「修復歴アリ」とされているんです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる