ここから本文です

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの違い

nex********さん

2010/3/322:45:34

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの違い

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの違い(業務内容、推奨資格)を教えてください。

業務内容、推奨資格

閲覧数:
13,462
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nag********さん

2010/3/323:14:58

重複する業務が多いのですが・・・

ネットワークエンジニア
・社内LANの設計、構築
・WAN回線接続の設計、構築
・ネットワークのトラブルシューティング
・セキュリティ対応
具体的にはF/W機器やルータやL3SWの設定、冗長化の構築やテスト、セキュリティ関連のログ収集やインターネット関連サーバの構築設定

サーバエンジニア
・大容量サーバの構成と構築
・ミドルウェアの導入および設定(OracleなどのDB系が多い)
・セキュリティ関連の設定、冗長化の設定、トラブルシューティングなど
具体的には企業内サーバの構築とAD設定、DB設定や監視やログ解析など

推奨資格、前者はCCNAや情報処理のネスペやセキュアド、後者はMS系のOracleの資格

DNSやWWW、メール系のサーバは、なんとなくネットワークエンジニアの範疇に入る事が多いですね。
まぁネットワークエンジニアもインターネット接続およびサーバ系・企業内LAN系、キャリア系に分かれる場合があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

buf********さん

2010/3/707:27:27

【ネットワークエンジニア】
業務内容は、ネットワークの企画・設計・構築・運用・保守です。
推奨資格は、Cisco関連のCCNAなどをはじめとするネットワークがあればよいでしょう。
自動車や飛行機の運転と違って、なくても大丈夫です。

【サーバエンジニアとは】
業務内容は、サーバシステムの企画・設計・構築・運用・保守です。

それぞれOS毎の資格があればよいでしょう。RedhatマスターとかSoralisマスタのような資格ですね。
Unix・Linux系の資格と平行して、Windows系の資格があればなおよいでしょう。
自動車や飛行機の運転と違って、なくても大丈夫です。

mis********さん

編集あり2010/3/402:28:16

よく、派遣の紹介とかで、ごっちゃになっているところは多いですが、
私は、ネットワークエンジニアと、サーバーエンジニアでは、
まったく担当範囲は別だと思いますし、必要とされるスキルも
分野が違うと思います。

どちらかというとサーバーエンジニアはシステムよりです。
(プログラム知識)
なぜならば、サーバーの中のシステムの部分=OS等
そっちより。

いかにサーバーを構築/設定して、動作させるか?
のほうだと思うのです。

もちろん、サーバーのハードウェア(パーツの知識)の部分もあるけれど。

ネットワークエンジニアってのは、経路上の部分
すべてをさす。

あるサーバーからあるサーバーまでの道のりの部分が
ネットワークです。

ただ、LAN側のエンジニアになると、
サーバーがあって、ルーターがあって、LAN側のクライアントPCがあって。。。
と、LAN側については、パソコン同士の接続とか、サーバーとルーターの
接続とか、そういう部分をさして、ネットワークと呼んでいることも多いです。

けれど、本当のネットワークは、その外にあるわけで
ねっからのネットワーク専門の部署だと、
サーバー知識なんて、まぁ~たく要求されません。

その理由は下記の区分からくる。

各企業は自分のサーバーやルーターをもっている
=その担当者たち。
これをネットワークエンジニアと総合して呼んでいるところは多い。

けれど、いざ、回線上に問題が生じたら?
皆、企業が利用している通信会社に問い合わせる
=こっちが本来のネットワークです。

自宅と同じです。

自分のパソコンとルーターの部分=企業でも同じ
けれど、回線のことになると、NTTさんとかに申し込んで、
エラーがあったら、NTTさんに聞くじゃないですか?

また、小さな企業では、ルーターとサーバーをセットにして
仕事をすることが多いですが、

大手のWAN側企業では、
サーバー担当、ルーター担当、バックボーン回線担当、
システムのプログラムや開発側(ネットワークに流すデータの中身の構成を考える人)の担当と
ばっさり担当が分かれており、それぞれの専門分野の人がいます。

それぞれの専門分野の企業が、1つのプロジェクトに参加して、
あるひとつの大きなネットワークシステムを構築しているまでです。

あなたの自宅にパソコンやルーターがあって、たとえあなたが操作していても、
OSを考えたり作ったりする人は別にいるでしょう?
またハードウェアを考えたり、つくったりする人も別にいるでしょう?
それから、パソコンの中で使うソフトを考える人だって、別にいるでしょう?
それと同じです。

この区分が良くわかっていない、派遣会社の担当者とかも
かなり多く、それで、本当の専門分野の人たちが
スキルがないとか勘違いされたり、
(専門的すぎて、派遣の担当者が理解できない)

ぜんぜん関係ない分野の人が、担当にあてられていたり、
めちゃくちゃなことは多いですね。

めちゃくちゃなマッチングをしておいて、
企業側に行ってからスキルがない。。。といわれてもね。
紹介する人たちが、企業秘密だとかいっては、
応募したい企業の仕事の詳細を先に言わないでしょう?

だから、応募者のほうが経験があるから見分けがつくのに、
派遣側がみわけがついてないまま、人を選んでいたりする。

だから実際に職場にいってみて、
なぁ~んだ、これは違う分野じゃん。。。って
皆すぐに気がつく。

ただ、専門分野の企業でも、最近は自分たちの仕事のシェア範囲を
広げるために、何でもやっているところも多いです。

サーバーもルーターも、回線も全部まとめて面倒みますよ。。。
という通信会社も多いでしょう?

内部では、担当ごとに区分がありますが、
結局、企業全体としては、ネットワークにかかわる部分、
全部の担当をやっているところが多いです。

アバター

ID非公開さん

2010/3/323:42:55

箱(サーバ)担当と足回り(インフラ=ネットワーク)担当って感じですかね。

業務内容は
箱担当は箱全般。
足回りは配線やHUB、ルータなどの設定。

資格は無いよりは有る方が良いと言ったところです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる