ここから本文です

人は死ぬと、天国に言ったり、さんづの川にいったり、 輪廻転生だったり、 あの...

kbc********さん

2010/3/614:59:47

人は死ぬと、天国に言ったり、さんづの川にいったり、
輪廻転生だったり、
あの世があるのかないのか。

死んだ後は、灰になるだけで、
生き残った人々の心の中で、生きてゆくのです。

ここで、生前の行動が、裁かれるのです。
あなたが生前にかかわった一般人のすべてが
閻魔様です。
あなたのことを口にしたとき、判決が下されるのです。

死んだ後の世界を気にして生きるというのは、
意味のあることですね。

あの世は、この世にあって、
この世がそのままあのよなのです。

ところで、あのよぉ~~

閲覧数:
253
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wqr********さん

2010/3/615:10:27

・・・何が言いたいの?
質問じゃなく文章だけで詳しく分からないぞ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hyo********さん

2010/3/615:56:38

天国:何時までも生きていたいとの生への執着から発する妄想です。あの世・三途の川・輪廻転生:釈尊は因果応報を説いていますが、あの世・・・輪廻転生は言っていません。閻魔大王:古代インドの神々の一つで、仏教ではありません。
この様な言葉は、人から聞いた通りに漫然と何となく使うのではなく、せめて浄土三部経と般若心経の開設ぐらいは読んでからにしましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる