ここから本文です

先日NHKが来て、「B-CASの方で通信が入っているのでNHKの受信料を払ってください。...

zon********さん

2010/3/1019:15:12

先日NHKが来て、「B-CASの方で通信が入っているのでNHKの受信料を払ってください。」と来ましたが払いたくありません。
払わなきゃいけませんか? 今回は何らかの理由をつけて追い返しましたが、また来ると思います。
確かにB-CASの登録をしましたが、基本ゲームなのでNHKは一切見ません。

あと、NHKの人に「登録はしましたが、友人にあげてしまってテレビないんですが・・・」と嘘を言ったのですが、「B-CASに通信が入っているので払ってください」と断固として言われました。
B-CASはNHKにTVを見ていること教えてしまうんですか?

補足自分は一人暮らしで今はほとんど親の仕送りでやりくりしてますので、お金に余裕がないのです。
親にも「金は払うな、追い返せ」と言われているので、これが普通に出来ることなのかな?と思ったんですが…

ついでにマンションなので常備アンテナ着いてます

閲覧数:
188,735
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kes********さん

編集あり2010/3/1019:39:05

B-Casカードは何か情報を発信することはありませんし、そのカードによってNHKが貴方がTVを受信していることが解るというような機能もありません。
あったらプライバシーの侵害で大問題だし、民間の視聴率調査会社は軒並み潰れます。
なので貴方が登録した情報を元に来訪したのでしょう。
私なら「何の通信がどこにどう入っているんだ?その通信が入っているという通信記録を見せてくれ」とでも言いますね。(笑)

NHK受信料とは、NHKと契約した以降に生じる民事上の契約約款による支払債務であって、法的な義務ではありませんので、契約していない以上は支払義務などありません。
なぜなら「受信料を支払わなければならない」などと定めた法律は日本中どこを探しても存在しないからです。

放送法32条1項には「協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と定められていますが、あくまでも「契約」を言っているのであって、「受信料を支払わなければならない」などとはどこにも定められていませんね。
契約とは双方が自由意志により合意しなければ成立しません。
貴方が「嫌だ」という契約を誰も強制できません。
契約する気がないのならNHK集金人が来てもお相手する必要もありません。
今のご時世物騒ですから、知らない人間相手にドアを開けるなどしない方がいいでしょう。
ドアを開ける必要もなく、またTVの有無も言う必要もなく、インターフォンもしくはドアチェーン越しに、「契約はしませんのでお帰り下さい、文句あるなら裁判でも何でも受けてたちますよ」でいいのです。
明確に「帰れ」という意思表示後も居座るようなら刑法の不退去罪成立ですので、遠慮なく110番通報、警察に対処してもらいましょう。
普通は「しつこいと警察呼びますよ」とでも言えば退散するでしょう。

放送法32条1項には「協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と定められていますが、この条項には罰則規定がありませんので契約をしなくても法的な処罰はありませんし、NHKは何もできません。
なぜ罰則がないのかは、「受信料制度に納得がいかない」「NHKの運営や番組制作、その姿勢に納得がいかない」などのNHKに異議を持つ人たちに対して、罰則を設けないことによって「契約をしない」という選択を与える為だそうです。
また、法的な強制力を伴う罰則規定などをつけて契約を法によって強制すればこの条項は憲法違反になりますので、罰則をつけない事によってかろうじて憲法との整合を図ってます。
つまりNHKに何らかの異議がある人は、NHKと受信契約をしなくてもいい自由が与えられているという事です。
これは何も私の勝手な解釈ではなく、過去に旧郵政省(現総務省)政務次官や事務次官、当時のNHK会長自身が国会で同趣の事を答弁していますし、先の受信料督促裁判の際の東京地裁の判決文の中でも同趣の事が述べられています。

追記)
NHKは国営放送ではありません。
NHK自身ですら「国営放送ではない」と公言してますし、特殊法人に過ぎません。

又、受信料は税金とも全く違います。
NHK受信料の支払い義務とは、NHKとの間の契約に基づき発生するものです。
契約者が受信料を払わない場合には、民事裁判など国の力を借ります。
税金の場合は、行政によって一方的に課されます。
払わない場合には、民事裁判などを経ずに差押等を実施して、強制的に徴収されます。

そもそもNHK受信料とは「NHK放送を見るための対価としての視聴料ではなく、NHKを運営・維持していくための特殊な負担金」だとNHKも公言しています。

質問した人からのコメント

2010/3/16 15:43:49

成功 回答ありがとうございました。
あっさりとNHKはひいてくれました

「b-casカード nhk」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nic********さん

編集あり2010/3/1120:22:24

嘘をついてまでたかだか数千円を払わない質問主に人間の虚しさを垣間見ました

生活が苦しい~と言いながらゲーム買う金あるんなら「たかだか数千円」くらい払えば?

cel********さん

編集あり2010/3/1110:21:23

「え?つまりNHKは、B-CASカードを使って、本人の同意なく
個人の視聴情報を収集・記録してるんですか?」

「B-CASには、総務省が認めていない機能があったんですね。
本省へ通報しますので、あなたの所属と氏名を教えて下さい。」

くらい言ってみましょう(笑

【補足に対して1】

追い返すのは簡単ですよ。
「話すことは何もない」「帰れ」「帰らなければ警察を呼ぶ」で
終わりです。

そもそも、令状を持った警察官とかでなければ、個人の家に
押しかけて上がり込むことはできません。
押し売りもNHKも、「帰れ」と言われたら帰らなきゃならない。
もし帰らなければ、住居侵入・不退去罪(刑法130条)の
現行犯ですから、110番すれば逮捕です。

NHKだろうが何だろうが、「帰れ」と言っても帰らなければ、
110番して「いま見知らぬ男がウチの玄関先に居座ってて、
退去するよう求めても応じてくれません。助けて下さい!」
とか言えば、すぐに警官が来てくれますよ。

【補足に対して2】

アンテナが立っていようがB-CASを登録していようが、
契約さえしなければ、受信料を払う義務はありません。

契約(申込)書にサインしてしまえば、払う義務を負います。

uon********さん

編集あり2010/3/1201:02:48

テレビがなくてもテレビの電波が受信できる環境にある場合受信料は払わなければいけないはずです。
(上記はまちがいです。テレビがある家が対象です)
見る見ないは関係ありません。
NHKは国営放送なので国に税金を払うようなイメージです。
(国営放送ではありませ)
日本国内でテレビが受信できる環境がある家(つまりほぼすべての家)が支払い義務が生じます。
また嘘をついたというのは、家賃を払うお金があるのにお金がないので払えないと言っているのと同じことです。

基本的に払うのが当たり前の事なので支払うことをおすすめしますが・・・

ちなみに受信料が免除になる場合がありますが障害者や生活保護受給者が対象です。
免除対象は以下参照
http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/taikei-henkou.html

追記 3/12
ご指摘があった通り、上記に間違いがありました。訂正してお詫び申し上げます。
大変申し訳ありませんでした。

ただ質問者様はお金を払いたくない理由はNHKに対して納得がいかないとかではなく、ただ払いたくないだけですよね?
テレビもあるし、嘘をついてまで払わないことを擁護されているのはどうしてんなのでしょうか?
お金がないのにゲームは買う、でも払わないのはどう考えてもおかしいと思います。
不審者がいるって追い返すんですか?

NHKの受信料支払いについて詳しく書いてあったのではっておきます。
http://www.nhk.or.jp/faq-corner/03jushinryou/02.htm3

sak********さん

2010/3/1019:18:32

B-CASカードのユーザ登録をする時に、放送・通信事業者に、個人情報を渡して良いかとあったと思います。
ここで、渡さないの方に印をつけていれば、問題ないはずですが。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる