ここから本文です

電話のプッシュボタン「#」と「*」について。

sakusakurin_05さん

2010/3/1123:52:04

電話のプッシュボタン「#」と「*」について。

固定電話、携帯電話とも当たり前についている
プッシュボタンですが、プッシュボタンのうち「#」と「*」
のボタンてなんのためについているのでしょうか。

この2つのボタンの使い方がよくわかりません。

ご存知の方よろしくお願いします。

閲覧数:
22,822
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

akasakuhakeさん

編集あり2010/3/1208:42:25

固定電話で、ダイヤルパルス式なら、
通話中に、「*」ボタンの押すことで、
(いわゆる、トーン信号切替ボタン)
自動音声案内のサービスで、利用できます。

電話で、自動音声案内のところに電話すると、
数字を打ち込んで、区切りを確認するために、
最後に「#」を押してくださいと、要請されます。
暗証番号と「#」や、希望のサービス番号と「#」
というような使い方をします。

メールや、文字入力では、機種によって、割り当ての記号があります。
「*」では、濁点の「゛」半濁点の「゜」が割る当てられたり、
「#」では、「、」「。」などが割り当てられます。
あと、切換で機種によって、記号や、絵文字などが割り当てられます。

また、携帯では、よく、「#」を長押しすることで、
マナーモードになります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ko_hattoriさん

2010/3/1211:35:16

旧電電公社が、プッシュホンのサービスを開始したころ、短縮ダイヤルサービスというのがありました。
*00~*19の、20箇所の登録ができるものでしたが、最近の電話機には電話帳機能が付いているものもありますので、この短縮ダイヤルサービス自体は廃止されました。

また、当初は計算サービスというのもあり、計算センターへ電話をして、加減乗除だけなく複雑な関数計算などもできたのですが、その際に加減乗除の記号やファンクションなどを入力する際には、*や#のあとに数字を入力したり、「=」の意味では「**#」と入力したり、ということをしていました。
このサービスも、短縮ダイヤルの廃止よりも前に、すでに廃止されています。


現在もあるサービスとしては、#で始まる電話番号があるのを知っていますか?
#7119は、東京消防庁や大阪市消防局などの消防相談窓口(119番ほど緊急性のないときに使う)の電話番号です。
他にもあるはずです。

yong_e_panさん

編集あり2010/3/1210:44:31

掛けた相手がコンピュータの場合、数値を入力して終わりの場合に押すように要球されることがあります。
つまり、数字以外を判断するのです。

また、ひかり電話やISDNでは電話を掛けるとき番号を押した後何秒か後に番号が送信されますが、#を押すと即座に送信されます。

ji1ndp_iriさん

2010/3/1208:54:08

NTT(電電公社時代)にプッシュホン回線がサービス開始されました。
当時は今の電話機と違い、電話機自体にメモリーできなかった為、NTT側でメモリー(20番号まで)をできるサービスをしていました。
そのメモリーに登録・呼び出しをする為に「#」と「*」を利用していましたが、メモリー装置が安価になり電話機自体にメモリーが組み込めれる様になったため、プッシュホン回線(メモリー付き)はサービスを廃止してしまいました。
基本料金でメモリー付きが300円ほど高かったと記憶していますが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。