ここから本文です

南極の氷が溶けたら海面が上昇するのは何でですか? バカなので分からないんです...

jap********さん

2010/3/1220:12:46

南極の氷が溶けたら海面が上昇するのは何でですか?
バカなので分からないんですが、
氷ってそもそも水が固まった物だから、それが溶けても量的には一緒なはずですよね?

コップに入った水に、氷が入ってるのも一緒の事で、氷が溶けたら水が増えるのは分かるんですが、
何で増えるんですか?
氷のままなら水に浮いてるから?
イヤイヤ関係無いはず。(独りごとです)

どういう事?

閲覧数:
372
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

med********さん

2010/3/1220:52:25

融けても変わらないという話は、水に浮いている氷です。
水に浮いている氷が解けると、水面より上にある部分(氷全体の1割程度だったかな)だけ小さくなるので、水面は変わりません。
塩水に浮いているのと真水に浮いているのの違いで、北極で氷が融けても海面上昇があるらしいですが、誤差程度で。

問題になるのは、南極「大陸」上の氷です。
こちらは融けた水の行き場がないので、そのまま海面上昇になります。
コップの氷のイメージなら、水だけでいっぱいのコップの上に氷がつるしてあって、どんどんしずくが落ちてる感じでしょうか。
単純に融けてできた分だけ水が増えていきます。

もっとも、融ければですけどね。

質問した人からのコメント

2010/3/13 15:56:47

感謝 そういえば南極って大陸でしたね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jei********さん

2010/3/1223:03:07

南極の氷は大陸の上に乗っているからです。
北極の氷は海に浮いているので解けても海面は上昇しません。きわめて厳密に言うと若干違うという説もあるようですが。

ちなみにコップの中の氷が解けても水位は上がりません。水より上の部分が解けてもです。
氷がコップの底についていて水に浮いていない場合は別です。

wizard2305さん

2010/3/1220:20:02

氷はとけても体積は変わりません。
(純粋な水の場合、本当はむしろ小さくなる。)

南極の氷がとけると水位が上がるのは、
水面より上に出ている氷が海中に落ちるからです。
(下図の赤丸の部分。)

氷はとけても体積は変わりません。
(純粋な水の場合、本当はむしろ小さくなる。)...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる