東北地方の骨葬いつから何故?

葬儀4,570閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有難うございました。 他の回答者様も有難うございました(^^)

お礼日時:2010/3/19 20:40

その他の回答(3件)

1

こちら北関東ですが、ほとんど地域は火葬後に葬儀ですよ。 別に違和感などまったくありません。 関東地方でも、地域によってその前後はさまざまのようです。驚くことはないですよ。

1人がナイス!しています

2

私は逆に東北出身で関東に嫁ぎました。 関東に嫁いで来て、葬儀が終わってから最後に出棺をして火葬をするという方式にはとても驚いたものです。 私が40年前に祖母を見送った頃から、私が育った東北の小さな田舎町では葬儀の前に火葬していました。 東北だけなのかはわかりませんが、地域によって習慣が違っていて本当に戸惑いますね。

2人がナイス!しています

0

骨葬ということを経験したことがなければ一生経験 しないでしょうね。ことばを見ただけではわかりませんね。 多分、通夜の翌日に、すぐに火葬し、火葬後葬儀告別式を 行うことをいっていると思います。 いつからか、と聞かれればその地域の居住者が一番よく知って います。自分の**のときからこうした、のように記憶は残っている はずです。 推定ですが、あなたの居住地域でも、数十年前までは、土葬が 一般的で、火葬にするのは例外的な病死くらいだったはずです。 多分昭和40年代くらいのお話でしょう。 考えられることは、二つあります。 1.上記のように、病死(実は伝染病のような例外)のときの慣習で 土葬が火葬になったときに、火葬の時間は午前中に実施した。 火葬に時間がかかり、骨を拾える状態までに時間がかかるので、 早めに火葬しておく習慣になった。 2.火葬場の空きが、葬儀日程に影響がある。 死亡日の翌日に通夜を行い、葬儀をその翌日に行うためには、火葬場 の空きが重要です。空きを先に確保するには、火葬が先であることは あまり重要な問題ではないはずです。 この地域と記載されていますが、具体的な県名も記載されていません ので、具体性のない回答ですが、私も一度だけ長野県で経験しました。 事情を知らないと、非常に驚きますし、故人の最後のお別れは、通夜 が最後になるという事になります。経験しないとわからないやり方です。