ここから本文です

うどん屋や蕎麦屋の「たぬき」について教えてください。ところ変われば品変わると...

day********さん

2010/3/2315:26:32

うどん屋や蕎麦屋の「たぬき」について教えてください。ところ変われば品変わるといいますが,これほど雑多のものがあるのも珍しいです。皆さんのお住まいの地方の「たぬき」はどのようなものですか。

ちなみに,わたしの住む京都では,あんかけのきつねうどんのことをたぬきといいます。あんかけとはだしを片栗粉でとろりとさせたもので,しょうがをすって入れるとおいしいです。
ところが隣の大阪では,たぬきうどんは存在せず,きつねそばのことをたぬきというらしい。
また,関東では揚げ玉が入っているらしいとききました。

ほんとうのところ,どうなんでしょう。またどうしてこんなに違いが生まれたのでしょうか。ぜひ教えてください。

閲覧数:
491
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

siz********さん

2010/3/2315:42:39

そうそう。大阪生まれ大阪育ちですが大学が京都だったので、質問者さんと正反対の経験でおどろきました。家庭教師をしていたお宅でとってくれたのが「たぬきうどん」。大阪の人間には、絶対ありえない、たぬき+うどんに呆然です。

大阪では甘辛く煮た揚げをいれたおそばを単純に「たぬき」と呼びます。まぁ、そばですから、たぬきそば、といっても間違いではありませんが、たぬきうどん、というものは最初から存在を許されていません。東京の老舗では揚げ玉はいってましたよ。大阪だと揚げ玉入りはハイカラだったような。

なんでかって。。。たぬきは化けるんだから仕方ないでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aol********さん

2010/3/2319:37:38

へぇ!知りませんでした〜。面白いですね!
私は岡山ですが「たぬき」と言えばうどんも蕎麦も揚げ玉です。
由来は先に書かれてる通り、タネ抜き=たぬきだと教わりました。

itn********さん

2010/3/2315:59:09

東京では、揚げ玉が入っています。
名前の由来は諸説ありますが、揚げ玉には天ぷらのタネが入っていないので、
タネ抜き→タ抜き(たぬき)と言われるようになったとか。当初、揚げ玉は無料で自由に
トッピングできたので人気になり、その後たぬきうどん(そば)ができたそうです。
ちなみに、東京では通常、<たぬき>も<きつね>も、あんかけではありません。

vn_********さん

2010/3/2315:56:57

紀州です。
アゲがジュワーはキツネウドンでしたが、
きざみアゲだとタヌキと呼ぶ所多かったです。
私の行くお店だとウドン専門でソバはありません。

o1o********さん

2010/3/2315:38:06

私は東京から大阪に転勤できたのですが、立ち食いうどん屋でタヌキそばを頼んで、関東で言う、キツネそばが出てきてビックリしました^^;
聞くところによると!質問文でも書いている通り、大阪ではタヌキそばが存在しないそうで、揚げが入っているうどんをキツネ、揚げが入っているそばのことをタヌキと言うそうです。
揚げ玉は、無料で入れるみたいで、カウンターにテンコ盛りで置いてありました。
恐る恐る、自分で入れてみたら、店員の人が何も言わなかったので、好きなだけ入れて良いみたいです^^

因みに!今まで千葉・東京・大阪・大分・福岡に住んでましたが、注文の仕方が違うのは大阪だけでした^^;

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる