ここから本文です

2012年の次に来る、人類滅亡の危機は何年?

wup********さん

2010/3/2709:38:08

2012年の次に来る、人類滅亡の危機は何年?

まぁ、2012年も無事にスルーするとして、その次に滅亡説が出てきそうなのは何年?

補足2014年はあるみたいですね。ユダヤ人の重大イベントですか…。マクドナルドが全世界制覇とか、マッキントッシュがマイクロソフトを飲み込んだぐらいにしておいて欲しいもんですね…。
そのあとはしばらく何もなくて、小天体衝突の危機などで凌ぐんでしょうか…?

閲覧数:
987
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/4/109:40:50

2014年に、ユダヤ教の終末予言が有ります。


その年、ユダヤ教の祭礼の日にあわせて日食と月食が6回起こります。


過去500年間に同様の現象が起こったのは、過去2回。
しかも、その時は例外なくユダヤには大事件が起こっています。


1948年は、イスラエル建国。
1967年は、聖地エルサレム奪還。


来る2014年は、最低でも第5次中東戦争か、終末世界か・・・。


キリストの再臨や、1000年王国などと言われる御仁がいらっしゃる。
どうでしょうか・・・?


次に出てくるのはまちがいなく2014年でしょう。
おそらくは、2011年のお正月あたりから、メディアが扱うでしょう。
中には本当の予言もあるかもしれません。
その意味では、ユダヤ教の予言は信憑性が有るかも。


でも、どれもこれもマスコミの餌食になるでしょう。
予言の書物・映画・TV番組などの経済効果は3600億円あるとか。


私自身は予言は信じておりません。
ある方は199年の6月に、1999年の7の月は、「大嘘がばれる日」とも言われていましたが、予言者、情け無い。
解釈がどうのこうのと予言者は仰いますが、予言たるもの、一回でも外れたら終り。
その解釈も、そんなのアリ?と唸ってしまう反則も目立つ。

予言者さん。
どうせなら、一回くらい何でも良いから当ててください。

と、思ってしまいます。


追記 ; 騒がれる予言が、過去に予言されたものだとすると、石油資源よろしくネタが枯渇してしまうのは当然ですね。
そうすると、予言で食べられなくなるとご指摘のとおり、小惑星衝突だの、隕石やら彗星やらの出番でしょうか。
それを食べつくした後は、中世ヨーロッパのように魔女だの悪魔だの・・・の出番かもしれませんね。


私は本来、予言が好きです。
何故?いつ?どうなる?の好奇心を満たしてくれる。
最近は、誰もが納得してしまう根拠・科学的見解が乏しいです。

私の採点はキツイので。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jap********さん

2010/4/108:58:26

何ですか、今度は2014年ですか...

来たる中東戦争に備えてトイレットペーパー蓄えとかなくちゃね。

aqu********さん

2010/3/2921:13:04

2909年では?
肉を食う~!

mas********さん

2010/3/2817:21:10

2044あたりに出てきそうですねw

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる