ここから本文です

宮本武蔵は本当に一人対複数人と対決してるのですか? 現在にいたなら超人ですよね...

hyd********さん

2010/3/3113:38:16

宮本武蔵は本当に一人対複数人と対決してるのですか?
現在にいたなら超人ですよね?

閲覧数:
514
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tin********さん

2010/3/3114:05:39

よく誤解されがちですが

武蔵は基本「負けない事最優先」です

なので決して正々堂々と複数と戦うわけではなく

かなりエグイ方法で勝ったりします

土下座をして相手が背中を向けた瞬間後頭部を木刀で

ぶん殴るとか走って逃げてばらついたら転進してぶん殴るとか・・・

こうすれば多少素養があれば5人位なら勝てます

死ななければ後から探し出して個別撃破もできますしね

基本ただの喧嘩屋ですからね

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kot********さん

2010/3/3117:27:37

千葉周作は「善光寺表額事件」で、柳生宗矩は大阪の陣七人斬りで、荒木又衛門は決闘「鍵屋の辻」で、近藤勇と沖田総司は「池田屋の変」で複数人と戦っています。
「名の知られた剣豪」なら、そう珍しいことじゃありません。

ましてや武蔵は、「関ヶ原」「島原の乱」経験者だし。

yh9********さん

2010/3/3114:02:52

京都の吉岡道場という名門道場がありました。
武者修行中の武蔵は、天下に名を轟かせる吉岡一門の主・吉岡清十郎に勝負を挑み勝利します。(木刀にて一撃で決す、が条件だったので殺害はしませんでした)
そして清十郎は出家してしまい、代わりに清十郎の弟・伝七郎が吉岡一門を継ぎます。
伝七郎は「吉岡の名折れだ」と、5尺(約1.5m)の木刀にて京都・洛外で武蔵に挑みますが、木刀を奪われ撲殺されてしまいます。
このままでは吉岡の名折れだと吉岡一門の弟子たちは、まだ幼い又七郎を担ぎ上げ、弟子たち約100人で武蔵を殺そうとします。
武蔵は夜中、行軍中の吉岡一門の列に突っ込み、まず提灯を斬り明かりを無くし又七郎他数名の弟子を斬りました。
これにより吉岡一門は断絶しました。

まあこんなところです。
資料によっては、武蔵も弟子を集めて又七郎一行に立ち向かったとも言われますが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる