ここから本文です

腕立て伏せの正しいフォームとやり方を教えてください。

wmp********さん

2010/4/200:29:57

腕立て伏せの正しいフォームとやり方を教えてください。

閲覧数:
548
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

alp********さん

編集あり2010/4/218:31:40

手を少し広げ指を真上に、腕を肩幅に開いて突く。(腕は垂直です)

脚を伸ばして、背筋を真っすぐに脚は少し開く。

この状態で胸が地面と10センチくらいまで腕を曲げ、そして伸ばす。
このとき、背筋を曲げない様注意です。

1セット20回、5セットもやれば十分です。

がんばって!!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

シュールさん

2010/4/608:39:43

一口に「腕立て伏せ」といっても、フォームによって効果が変わってきます。
まず、胸を鍛える場合は大胸筋の稼動域を大きく使うためにひじを広げ、伏せた時に出来るだけ胸を深く沈み込ませるようにします。このフォームの場合は大胸筋と上腕三頭筋が主に鍛えられます。但し、ひじを肩の高さまで上げてしまうと、関節の稼動域の問題で、肩を痛めますので注意をしてください。
一方、手幅を狭めたり、ひじを閉じる(脇をしめる)ことによって大胸筋の稼動は大きく制限され、上腕三頭筋への負荷が強まります。これで腕メインとなりますが、基本的にはちからこぶの裏側への負担が主だけですので、ちからこぶを鍛えたい場合は「アームカール」等別種目で鍛えたほうが良いでしょう。
参考までにリンクを。色々チェックできます
http://www.cudan.ws/kinyo/udetatefuse/part1-01.html

トレーニングのポイントとしては、「鍛えたいところを力を入れながら動かす」ことです。「筋肉痛が起きたところが動いている」わけです。さらに正しいフォームで使っている筋肉を意識しながらトレーニングをすることが大事です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる