ここから本文です

坊っちゃんの面白さがわかりません

huu********さん

2010/4/319:22:18

坊っちゃんの面白さがわかりません

今回、はじめて坊っちゃんを読みました。

私には、まったく面白さがわかりませんでした。

多くのサイトなどには、坊っちゃんの無鉄砲さがよい
と書かれていますが、
私には
自分が正しいと思ったことを
周りや後先のことをまったく考えずに
行動しているだけで、バカだと思いました。

面白さは、まったくわからず、逆に少し苛つき、不快でした。
自分が正義だと思っているところがとても不快でした。

まだ、私が文章をしっかり読み取れないという事も
あると思いますが。

皆さんは、坊っちゃんを読んでどのように感じましたか?

坊っちゃんの面白さを教えてください。

逆に、私と同じように面白さがわからない方も
面白くない理由もお願いします。

また、坊っちゃんのような生き方をどのように思いますか?
自分は、坊っちゃんのような生き方をしたいですか?

ご回答お願い致します。

閲覧数:
11,431
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ayu********さん

2010/4/623:13:45

あなたの読み方はきわめて「素朴」です。だから、「わかる作品はわかるが、わからない作品はわからない。」という事になります。
どこが「素朴」だと言うのか、それは、「作品を常識的に読む」点です。「常識的」というのは、「自分の世界観に従って」と言い換えることもできます。そうした読み方は無論、排斥されるものではなく、尊重すべきものですが、そうした読み方しかできない、という事になると、理解できたり共感できたりする対象は当然限られてきます。早い話、「豊かな読み方」とは言えません。読書はもっと豊かな可能性を持つ行為です。
「坊ちゃん」という人物形象を、自分の日常生活における規範で見てしまえば、あなたのような感想を持つ人は当然出てきます。
それは全く不当ではありませんし、恥じる事もないのですが、逆に威張る事でもありません。ただ、豊かな読みではない、というだけです。
自分の価値観と相容れない存在と、フィクションの中で出会うとき、それは現実社会・日常生活の中で出会うときとは違って、自分の利益が現実に損なわれるわけではありません。そこで、違った付き合い方、ものの見方も可能となるはずです。そこから「豊かな読み」は始まります。
「○●の面白さ(魅力/価値)がわからない。だからそれを教えて欲しい」という事を「広言」する時には、まず「謙虚」であることが大切です。私は、あなたの質問を読み、その内容が心に留まりました。この恐らくは若い人の思いに、どういう答えが可能だろうかと考えました。そして、上のような回答を差し上げようと思ったのです。「より豊かな読み」というものを、心に留めていかれたら、きっとあなたの今の疑問に対する答えが見つかるかと思います。それは人に教わるものではない、自分で見つけるもの、気付くものに違いない、そう思います。
ちなみに私自身は「坊ちゃん」は大好きです。但しそれは松山での活劇の件にはありません。あれは終始「苦い」です。魅力は東京を発つ前と、帰った後です。漱石随一の「語り」だと思っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mgt********さん

編集あり2010/4/701:06:29

なるほど。そのような見方もできますね。一理ありです。
しかし、それでも坊ちゃんは面白いです。下の回答者の言うとおり、GTO、ショムニ、サラリーマン金太郎は私も嫌いですが、坊ちゃんとは似ても似つかないと思います。
坊ちゃんはよくあるテレビドラマのような、ただの押し付けがましい正義ではありません。無鉄砲ではありますが、後先が全く見えていないわけではなく、嵐山と共に学校を出ざるを得ない状況になるのは承知の上で行動したと思います。なのでGTO、ショムニ、サラリーマン金太郎などとは違って、自分が正しいのだ、正義は必ず勝つといった短絡的な物語ではないことは、作品の最後を見れば分かるかと思います。

それから私は坊ちゃんを読んだ時↓のような事を思いました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1223542307

きっと質問者様は2つ目の解釈に近いのではないでしょうか。私は1つ目の方であって欲しいと思っていますから、坊ちゃんの後先を恐れない生き方には共感できます。だけど、もう少し感情を抑えて行動した方がいいかなぁ。その辺は太宰治の「走れメロス」と同様、血の気が濃過ぎのようにも感じますね。

uta********さん

2010/4/610:01:11

お前らがバッタ入れたんだろ!正直にいいやがれ!
と生徒にいっているのが生徒としてむかつきました。
ただの性格の悪い人ですね。

sob********さん

2010/4/522:39:17

ボクも坊っちゃんは面白いとは思いません。
坊っちゃんに限らず、「一見、無鉄砲だが実は筋が通ったヤツ」的なストーリは嫌いです。
だから、GTO、ショムニ、サラリーマン金太郎は嫌いです。

dum********さん

2010/4/501:12:03

知恵袋一番さんの言うとおり。別に面白くなけりゃ面白くないでいいんじゃないですか。
松山出身であれが嫌いだという人を見たことがありますよ。まあ松山を「不浄の地」(漱石自身はそう思ってなかったでしょうが)なんて書かれちゃ仕方ないかもしれない。他にもボロクソに書いてますからね。

なお『坊っちゃん』が肌に合わないと感ずる人は割にいるみたいで、こんな小説もあります。いちど読んでみるといいかもしれない。

『うらなり』小林信彦著
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%86%E3%82%89%E3%81%AA%E3%82%8A-%E5%B0...

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2010/4/411:14:51

「坊っちゃん」は、講談好きの漱石が10日間ぐらいで書き飛ばした名作ですね。
小説の評価は、個人の好みの問題だから、「名作と言われている作品を読んだら必ず感動しよう」と思い込んでいるよりは、素直に好き嫌いを言ったほうが好ましいが、公言はしないほうが賢明だ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる