ここから本文です

世界史、第一次世界大戦へのアメリカの参戦理由を教えてください。 重ねて中国の...

lag********さん

2010/4/701:12:45

世界史、第一次世界大戦へのアメリカの参戦理由を教えてください。
重ねて中国の「洋務運動」と「変法自強運動」の比較についても教えてください。

世界史で宿題として50字以上、80字以内の記述問題を出されましたが
全然わからないのでヒントをもらいたく質問しました。

閲覧数:
2,917
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

緋村剣心さん

2010/4/709:10:36

アメリカは、1823年にモンロー大統領が出した「モンロー・ドクトリン」で、欧米情勢には不干渉という立場を取っていました。アメリカは、開戦当初は中立の立場を取っていましたが、1917年になると連合国側で参戦します。
(1)ドイツ潜水艦による攻撃に対する反感。
(2)英仏との経済的な結び付きが強化されたこと。
(3)債権の大量保有による利害。
以上の理由でアメリカは連合国側で参戦したのではないかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ti_********さん

編集あり2010/4/1002:00:31

第一次世界大戦初期は、モンローの孤立主義により、ヨーロッパの国々には干渉しないという方針でした。

しかし、ドイツが無制限潜水艦作戦を打ち出し、敵国に関係なく商船を攻撃し、関係のない人が巻き込まれました。
その中にアメリカ人で犠牲になった人も多かったためアメリカは連合国側に付き、同盟国側に宣戦布告しました。

用務運動というのは、当時中国は武器などの科学的技術面でも遅れをとっていたため、中国の根本的な伝統などは残して、西洋の技術を取り入れようとしたもので、

変法自強運動というのは、日本の明治維新をモデルとした、上からの改革により強国にするという政策で、科挙を廃止したりしました。

jfk********さん

2010/4/714:38:27

産業革命の特徴は大量の商品が作りだされるという点であり、その量はその時の市場での需要を超えるので、外国へ販路を求めざるを得ないということと、原料も国内市場では調達できずに海外に求めざるを得ないということだと思います。海外へ出るのですから、海外で自分の国での仕事をしている人達との利益衝突も起きやすく、戦争も起き易いと思います。海外とは、その自分の国で、で働いて生活をしている人たちの国なのです。

アメリカはキリスト教的な信仰を実践する為に人々が移り住んだ国であり、その基本原理は“愛”でした。即ち人間は自分を大切にするのと同じように他人を大切にすることが“愛”なのです。だから社会主義者のロバート・オーエンの理想郷もシカゴの南方の農村地帯に作られたのです。そういうアメリカが自分の利益の為に人を殺す戦争など全く考えられないことでした。しかし、資本主義の過大な生産力はそうも行かなかったのです。南北戦争もせにゃやっていけなかったし、第一次戦争もそうでした。

第一大戦への参戦理由は英仏への売掛金の回収を確保することとだったと聞いています。それプラス、ドイツは人権が低く、それゆえ給料も安く、その為国内市場が小さく、その為に海外進出力がこれからも強くなる予想もあったと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる