ここから本文です

文化財関連の就職先と資格

aer********さん

2010/4/2503:41:11

文化財関連の就職先と資格

建築学科1年生です
将来は文化財保存、修復などの道へ進もうと思っています

就職先として、調べた限りでは
文化庁、文化財建造物保存技術協会、奈良文化財研究所、東京文化財研究所
などしかありませんでしたが、他にはありますか?

それと通っている大学では資格が何もとれないのが心配です
測量技師や学芸員の資格などは就職のために必要ですか?

詳しい先輩方、よろしくお願いします

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
8,246
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ga8********さん

編集あり2010/4/2600:25:53

最初に、以下で述べることは私がこれまでに調べたことのある団体の事例を参考にしたものです。あくまで、「私の調べた限り」の話であり、その時その時で採用条件などは異なります。また、一部私の考えが入っていますので、注意してください。

都道府県・市町村の考古学研究所や財団法人、文化財関連の民間企業もあります。

ただ、奈良文化財研究所、東京文化財研究所などの一部は大学院卒の採用が多いそうです。学部卒でも採用試験を受けることはできるようです。また、雇用契約年数を限っての嘱託や非常勤職員での採用もあります。

学芸員は博物館に努める場合に必要です。上記に挙げられている機関でしたら、おそらくなくても大丈夫だと思います。
測量技師も就職時のプラスになるかどうかはその時の募集内容次第です。

文化庁は国(文部科学省)の機関ですので、国家公務員Ⅱ種(一般大学対象)や国家公務員Ⅰ種(いわゆるキャリア 東大・京大卒の人が主)の公務員試験を受けることになると思います。公務員試験対策講座を受けることを推奨します。この講座を受けておけば、都道府県県庁や市町村役場などの公務員採用試験にも対応します。

文化庁や民間企業を除くこの手の就職先は大学・大学院での研究内容や実務経験(発掘経験、報告書の作成経験等)が問われることが多々あります。募集要項にそれ専用の用紙も付いています。
建築学科で今の時点で就職先を限定しているところをみると、建築史関係の研究を大学でやりたいと思っていると推測します。就職に有利(?)になるような研究テーマを決め、専門的に研究することで一つの必要条件が満たされるかもしれません。

また、文化財関連の現場に足を運ぶこともお薦めします。私も今年から時間に余裕ができたので、奈良文化財研究所の発掘説明会に行き、幹部(副所長)の方とお話することがありました。早いうちから熱意を持って交流することで、何か有益なことが起こるかもしれません。ただし、採用に直結することはないと思います。

民間企業の場合、積極的な研究活動(学会参加)や当該会社でのアルバイトからスカウトされる可能性もあります。

以上、奈文研や橿考研などの研究職を目指す考古学徒(3年)でした。

質問した人からのコメント

2010/4/30 02:37:26

抱きしめる 詳しい説明ありがとうございます。
狭き門ですね。。。ga82354さんも研究職目指して頑張って下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる