ここから本文です

なんで日本の自転車は英式バルブなんですか? 過去はどうだかわかりませんが、...

shi********さん

2010/4/3018:29:33

なんで日本の自転車は英式バルブなんですか?

過去はどうだかわかりませんが、今となっては利点がない気がするんですけど。
米式だったら車用ポンプ使えるのに・・・。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,140
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2010/5/211:19:08

他にもいろいろな理由があると思いますけど、おそらく最も大きな理由はデファクトスタンダード(事実上の標準)だからではないかと。
スポーツバイクに乗り始めた人が最初に戸惑うものに、家にある空気入れが使えない、近所のママチャリ専門の自転車屋で空気が入れられない、なんていうのがあるんじゃないでしょうか。ママチャリに乗るような人が、そういう不便を推してまで米式あるいは仏式のチューブを選択する理由がありません。仮にママチャリに英式以外のチューブを装着して売っても敬遠される可能性が高いでしょうね。
つまり自転車が変化する(進化する)理由が、日本にはないってことでしょうね。ある意味ガラパゴス的な環境なのかもしれません。

質問した人からのコメント

2010/5/4 20:54:28

そろそろ米式バルブに統一してもいいと思うのですが・・・。
海外からチューブが安く手に入るようになると思います。

ご回答いただき、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ken********さん

2010/5/110:44:43

自転車用のバルブの中で、英式バルブが一番、組み立てが簡単なのもあるかも知れませんね。
例えばフレンチバルブなら、バルブコアの引き上げ棒に固定ナットを取り付けた後で、ナットが抜けないように棒の頭をかしめたり、米式バルブならバルブコアを取り付けるのに工具を使ったりしなければなりませんが、英式なら、バラの部品から素手で組み立てる事ができます。
そういうのも、生産性がいい=製造コストが下げられる=安くできるというのに繋がっているのかも知れませんね。

ところで、困った事に実は競輪用のタイヤも英式バルブなんですよねー。
なので、仏式バルブのピストタイヤを付けて練習に行くと、競輪場のコンプレッサーは使えないという・・・(バルブアダプターを持ってればいいけど)。

ka2********さん

2010/4/3019:50:25

流通量が多く安いから。

米式や仏式に替えても良いと思います。
=近似値のタイヤサイズを持つ700cや26HEのチューブが流用できる場合もあります。
物によっては、
700c×23~28・28×1・3/8や、
26×1.25・26×1・3/8と双方の表記があったりします。

他にも考えられるかもしれません。
以下で新しい組み合わせも見つけられるかもしれません。
=チューブはふくらませると太さにつれて外径が大きくなると考えるといくつか見つかります。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire_size.html

tub********さん

編集あり2010/4/3019:00:50

低圧で取り扱いしやすかったんで普及したんじゃないでしょうかね。

スポーツ車に乗ると、確かに利点を見つけるのは難しいですね。
フロアーポンプ3種類用を持ってたりして・・・(米仏に英アダプターとかね)

バルブ径が同じなんで、英式を米式に入れ替えるって手もあるけど、やってる人も見た事無いです。

イギリスでは仏式が主流の様ですけど、そこの所はちょっとおもしろいですね。(^_^)

ken********さん

2010/4/3018:43:02

http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/tioga/tit073.html
これ使えばママチャリでも米式使えるよ。穴をちょっと加工が必要になる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる