ここから本文です

ガーゼを使ったハンドメイドの返し口の始末について。

アバター

ID非公開さん

2010/5/717:03:12

ガーゼを使ったハンドメイドの返し口の始末について。

子供のために小さなハンカチやスタイをガーゼで作る事に最近ハマッています。 生地を中表にしてミシン縫い→返し口から外表にひっくり返す→返し口をまつり縫い・・という手順で作るのですが、最後のまつり縫いがなかなかうまく出来ません。
○ガーゼが柔らかいからあまり引っ張ってもいけない・・と思い恐る恐る縫っている
○外から見て、手縫いした所はボコボコした感じになっている
○最後の玉止めが見える

まつり縫いした箇所が表から見えずに、全体的にミシン、手縫いとも綺麗なラインになっているのが理想なのですがかなり手作り感がアリアリの仕上がりになってしまっています。手縫いの糸をミシン糸のように細いのを使えば、目立たなくなるでしょうか。
まつい縫い自体は理解できるのですが、コツのようなものがあればぜひ教えて下さい。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
5,933
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mou********さん

2010/5/717:34:43

「中表に縫って、返し口をひっくり返してまつる」というやり方の場合、返し口を中表に縫ったラインと同じように内側に折り返しますよね。
その線を、あらかじめミシンをしてアイロンで折り目をつけてみてはいかがでしょうか。
中表の地縫いの時、一旦は返し口を縫い残します。
その後、出来上がりのライン通りに返し口をミシンで縫います。
その時、あとでミシン糸を取るので返し縫いはせず、糸を長めに残しておきます。
縫ったらアイロンで縫い代を割り、その後ミシン糸を抜きます。
表にひっくり返すと、返し口の部分がキレイに折り返っているので、そこを縫います。

縫うのはまつり縫いでも、縦まつりでなく、はしごまつりがお勧めです。
コの字とじ、とも言います。

折り山をハシゴ状に縫っていく こんな↓縫い方です。

 ̄│_│ ̄│_│ ̄ │_│ ̄ │_│


縫い糸の引っ張り具合はゆるめでいいと思います。
少し縫ったら、手で布を「しごいて」縫い糸が引っ張り過ぎないように生地となじませます。
最後、玉止めをする前に、返し縫いをしてください。
それをすると万が一玉止めが外れてもほつれにくくなります。
また、玉止めは出来るだけ生地のキワで作ります。
糸に針をつけたまま、生地の中に針を通し、引っ張って玉止めを中に入れ込みます。

アバター

質問した人からのコメント

2010/5/8 08:51:12

抱きしめる なるほど!目からウロコです。すべての疑問に対して、とても丁寧に教えて下さりありがとうございます。最後の始末もそうすれば良いのですね。 引っ張りすぎないように(布がつっぱらないよう)気をつけながらやってみます。 早急にご回答下さりありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる