ここから本文です

知的障害者の生命保険の契約について

enjoy532002さん

2010/5/1022:17:55

知的障害者の生命保険の契約について

知的障害者の生命保険の契約について

両親他界
姉は小さい頃から知的障害がありながら両親がその事実を受け入れられない為に普通学級で過ごしてきました。
学校に通って親や行政に守られているうちはよかったのですが、社会に出て普通の人と対等に仕事や生活をするのは難しく、昨年36歳の時に療育手帳の取得をしました。同時に重度心身障害者医療費助成制度も利用できるようになり、抜け落ちた歯の治療ができました。

今、両親が将来的に使う様に加入しておいた生命保険に入っているのですが、入院や通院の保障を昨年見直し保険に入り直しました。
契約書にサインしたのは、2009年5月くらいだったのですが、以前の保険が年払いで保険料を納めていた為、新しい保険は実質契約日は7月1日です。

昨年、姉は療育手帳を取ったのですが、取得年月日が2009年6月26日となっております。

契約した時(5月)は、療育手帳も、重度心身障害者医療制度も持っていなかったのですが、契約日が7月1日となると虚偽の申告になりますでしょうか?

保険の契約と、障害者の申告との日にちの関係がよくわかりません。
詳しい方教えて下さい。

閲覧数:
2,259
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

japanmoto1さん

2010/5/1023:02:44

加入の際の告知事項に該当するかどうかが問題です。つまり日常生活を問題なく出来、健康状態等とも問題がなければ加入も
可能と思われますがお姉さん自身が自分で生命保険契約の内容を理解していることが前提となります。本来どのように加入したの
か知りませんが対面での募集の場合は担当者のモラルも問題となります。療育手帳、重度心身障害者医療制度等以前の
問題です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

daizamaさん

2010/5/1023:03:41

虚偽告知まではいかないと思います。
告知時点のことを告知するわけですから。
ただ、お心当たりはあったでしょうし、通院などはどうだったのでしょうか?
また、契約という法律行為はご本人が的確に出来たのでしょうか?

蛇足かもしれませんが、成年後見を検討したほうがいいと思います。
質問の保険からは若干、脱線になりますが。

また、本人の保険もですが、将来設計としての必要な補償が何かもしっかりお考えください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。