ここから本文です

コピー機をリースしていたのですが、契約更新の時期がきまして、「リースを続ける...

co_********さん

2010/5/1401:18:20

コピー機をリースしていたのですが、契約更新の時期がきまして、「リースを続けるならば新機種になりリース料も高くなりますが、もし現在リースしているコピー機で良ければ安くするので買取も可能」と言われました。

結局、買取をしたのですが、この場合コピー機は資産になりますよね?
リースの契約内容によるかと思うのですがファイナンスリースではないと思います。
この場合、このコピー機の価格というのは、今までのリース料金の合計+買取価格になるのでしょうか?
また、その場合は減価償却の耐用年数は通常のコピー機は5年?ですが、中古の耐用年数で良いのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

閲覧数:
1,029
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2010/5/1401:50:47

買い取ったコピー機は資産になります。元がファイナンスリースであれオペレーティングリースであれ、リース契約の間は資産計上されてなかったのですよね?

コピー機の取得価格は、中古コピー機の買取価格です。まずはこれで計上してください。
耐用年数については、中古資産の耐用年数で再計算が必要です。
こちらがご参考になるかと思います。

http://nzeiri.sppd.ne.jp/syokyak/18/tyuko.htm

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる