ここから本文です

トラネキサム酸の使用量について

アバター

ID非公開さん

2010/5/1413:01:28

トラネキサム酸の使用量について

美容外科にて光治療をし、かんぱんの色素が濃くなってしまいました。
2回目で急に濃くなってしまったので、先生に相談し、トランサミン錠250を1回1錠1日2回の処方をしてくれ、光治療はやめることにしまし、かんぱん用のレーザーに切り替えることにしました。

で、今日、ホルモン治療しているので婦人科に行き、ホルモンも多少は関係あるかと婦人科の先生にも
ちょっとだけかんぱんの話をしてみましたら、薬のんでみる?という話になり、
美容外科という話は恥ずかしくてできなかったので、そのまま処方してもらうことにしました。
そしたらトランサミンカプセル250を1回2錠1日3回処方されました。

それぞれの先生の考え方によってこんなに違う量(3倍の量です)処方され、どちらを信じていいのやら困ってしまいました。
かんぱんでトランサミンを飲んでる方、飲んだことがある方、もしくは医師や薬剤師の方でもいいですが
どの量が良いのかアドバイスいただけますか?
それから錠剤とカプセルって何が違うのですか?吸収の早さとかですか???

補足rioteaset03さん

ご親切にありがとうございます。
薬はどちらも第一三共のもののようです。
美容外科は錠剤で、婦人科はカプセルでした。

たぶんどちらも保険適用にしてくれたようで、
美容外科は2週間分で500円ちょっと、婦人科は4週間分で1000円ちょっとでした。
でも量がかなり違うのに値段が半分というのは美容外科は保険きいてないのかな???

閲覧数:
60,292
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rio********さん

編集あり2010/5/1500:04:49

肝斑でのトラネキサム酸の使用量は、1日750~1500mgが一般的ですね。美容外科は若干少なめでしょうか?


2か月間使用して、効果でなければ、服用してもあんまり意味ない薬です。

錠剤もカプセルも250mgなので基本的な作用は変わらないと思います。ただ、吸収のスピード、代謝速度等が気になるのであれば、メーカー(第一三共とか)教えていただければ、ちゃんと調べて回答できますよ?

あと、たぶんなんですけど、お薬代高くありませんでしたか?肝斑でのトラネキサム酸処方は、保険適用外な気がするので、2つの医療機関から同時にもらうのお金もったいない気がしました><

補足読みました。遅くなりましたすみません。。

トラトランサミンカプセル250mg 11円 - 第一三共
トランサミン錠250mg 11.2円 - 第一三共

婦人科:1錠あたり11円×3(1日回数)×28日分=924円
美容外科:11.2円×2(1日回数)×14日分=313.6円
もし双方が保険適用の場合、3割負担なので、婦人科277円、美容外科92円くらいで本来手に入る薬ですね。(ここに、調剤料、薬剤管理料等が加算されるのでもう150~200円くらい+されます。この計算に診察料は含みませんでした。)

大口たたいて大変申し訳ないのですが、第一三共および、医薬品医療機器総合機構のホームページより、トラネサミン酸錠250mgとトランサミンカプセル250mgの情報を探したのですが、カプセルのほうだけ500mgの情報しか収載されてませんでした><ごめんなさい↓
一応なんですが、500mg錠と500mgカプセルでは、錠剤のほうが、最高血中濃度(血液中で薬の量が一番多くなるときの濃度)が高かったです。また半減期(薬の濃度が一番高いときの半分になる時間)は錠剤、カプセル共に3.3時間で変わりありませんでじた。
要するに、錠剤のほうが、カプセルよりも若干ですが、作用がつよいみたいです。本当に本当に若干なので、あまり気にする必要は、ないと思います。(最高血中濃度→500mg錠:6.0μg/mL 500mgカプセル:5.5μg/mL)

また、胃内溶出速度、腸内溶出速度の結果も収載がなかったので、ご紹介することができませんでした。すみません。

罪滅ぼしに、ジェネリックの薬価のせておきますね。。

薬 品 名 薬 価 後 発 メーカー
トランサミン散50% 「19.4円」 - 第一三共
プレタスミン細粒50% 「7.6円」 後発 辰巳
バナリントップ細粒50% 「7.6円」 後発 鶴原
ニコルダ錠250mg 「6.3円」 後発 扶桑
トランサミン錠250mg 「11.2円」 - 第一三共
プレタスミン錠250mg 「6.3円」 後発 辰巳
トラネキサム酸錠250mg「YD」「 6.3円」 後発 陽進堂
ケイサミン錠250mg 「 6.3 円」 後発 三恵
トランサミン錠500mg 「20.5円」 - 第一三共
トラネキサム酸錠500mg「YD」 「9.3円」 後発 陽進堂
ヘキサトロンカプセル250mg 「11円」 後発 日本新薬
トラネキサム酸カプセル250mg「トーワ」 「 6.4円」 後発 東和
リカバリンカプセル250mg 「6.4円」 後発 旭化成
トランサミンカプセル250mg 「11円」 - 第一三共

以上です。お役に立てずすみません。。

アバター

質問した人からのコメント

2010/5/15 08:28:43

降参 本当に詳しく教えていただきありがとうございます。
大変参考になりました。

見ず知らずの人にこんなに親切にしてくださるなんて本当にすばらしい方ですね。
量的には婦人科のほうがよさそうなので、それで飲んでみます。

コメントいただいたお二方、本当に本当にありがとうございました。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ven********さん

2010/5/1505:43:41

>どの量が良いのかアドバイスいただけますか?
普通は750~2000mgですが、しみ(肝斑に限る)治療薬として販売されているトランシーノは1日750mg服用です。
量はさほど効果の大きく影響はしないと考えますが、効果が少ない場合は1500mgとかへ増量するのも良いと考えます。

カプセルと錠剤の違いは有りません。
血中濃度グラフを見ると若干の違いが有るように見えますが、人数はたったの5人のグラフで、この程度の差は誤差の範囲内ですし、同じ方が服用されても、これ以上の吸収の差があるのは薬の内服では普通のことです。
同じもので、飲みやすさで選んでいただいて構いません。
若干ですが、薬価も異なるようですね。

お勧めとしては、トランサミンの他にビタミンCやL-システインなど併用(要するにトランシーノの成分ですが)されると効果が高まると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる