ここから本文です

コッククロフトウォルトン回路について

shr********さん

2010/5/1414:37:47

コッククロフトウォルトン回路について

この回路の利用についてはよく見かけますが、原理や出力の計算について書かれているサイトはあまり見つかりませんでした。

そこで、以下のことを教えて下さい。
・段数と出力の倍率の関係
・なぜダイオードの耐圧が入力の2倍でいいのか
・入力を交流か直流かどっちにすればいいのか
・そもそも入力が交流ならプラスとマイナスが入れ替わるが、プラスのときマイナスのときはそれぞれどんな経路で電流が流れるのか

お願いします

閲覧数:
553
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

net********さん

2010/5/1415:05:45

まずはこのへんみて理解してください。
http://www.geocities.jp/motoki_mimori/CWVR/CWVR.html
段数と出力倍率は比例します。
ダイオードの耐圧は2倍だとギリギリなのでもっと余裕のあるものを。
入力は交流じゃないと動きません。
電流経路は、参照URLの図で見てください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる