建築士さんに長期優良住宅を作るには、構造計算書が必要と言われたのですが(^_^;)

画像

新築一戸建て7,498閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

構造の専門家です。 餅は餅屋といいますよね。 専門家に任せるのが良い建物を作るうえで基本になりますし、そのことを理解しているのが良い大工さんだと、私は思いますよ。

1

大阪で設計事務所をしています。 長期優良住宅の認定を受けようと思えば、構造等級2以上を取得する必要があります。 等級2を取得するには、通常の建築確認申請では申請義務の無い水平構面の検討が必要になります。 それを検討するには、応力度計算(構造計算)を行うか住宅性能表示制度の構造規定に準じて水平構面の検討を行う必要があります。どちらもフリーソフトでこなせる範疇の検討では無いと思います。 どちらの検討も、経験が無いのであれば申請経験のある設計事務所に依頼されるのが費用的にも時間的にも安上がりかと思います。 知恵袋の質問で「長期優良住宅の申請をしているのにまだ認定が下りない」と云った質問が去年来多数寄せられています。お客さんにご迷惑を掛けない為にも専門家にお任せした方が良いでしょう。

1人がナイス!しています

0

木造3階建てでもない限り、構造計算書は要らないと思いますよ。軸組計算は大事でしょうけれどね。