ここから本文です

質問。以前喘息の方で、ステロイド吸入剤をあまり使用せず、メプチンエアーを常用...

yak********さん

2010/5/2311:54:29

質問。以前喘息の方で、ステロイド吸入剤をあまり使用せず、メプチンエアーを常用する方が、喘息の状態を更に悪化してその結果、喘息死を招くという情報を得たのですが、本当でしょうか?

私の知り合いにも喘息がおり、なおかつ私も喘息なので・・・どなたか詳しい情報がありましたら教えて下さい。

閲覧数:
1,637
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wei********さん

編集あり2010/5/2902:34:22

メプチンエアー(以下SABA)が悪いというわけではないのです。メプチンは今でも使われているよいお薬ですよ。問題はステロイド吸入剤(以下ICS)を使用していなかったということです。
現在の喘息治療の世界的なトレンドはICSで気道の炎症をとってやることで寛解状態を保つことです(原因となる元を治療しているわけではないので、治癒ではなく寛解という言葉を使いました)。喘息の発作は慢性的な気道の炎症がもとからあって、気道が過敏になっているところに、何らかの刺激が更に加わり気管が収縮した状態と思ってください。治療の目標は発作を抑えることではなくて、ICSで気道の炎症を押さえ込むことです。症状がなければ治療しなくてもよいかというと全くそうではなくて、慢性的な気道の炎症を抑えないことには、水面下で病状が進行して難治化してしまいます。喘息の治療=発作時の症状を良くすることと考えていると知らぬうちに状態が悪化して、発作がなかなか治まらない、場合によっては常にゼイゼイしている状態になる可能性があります。問題なのがSABAを使用すると症状が取れてしまうということです。それで満足してしまってはまともな治療はできません。

ちなみに喘息死は未治療なら軽症の段階からありえます。きちんと普段から吸入ステロイドを使用して、発作時にはメプチンエアーで症状が改善しなければ早めに病院を受診してください。

長文失礼しました。



上の方へ。私の文章を分かりやすく言い換えて下さってありがとうございます。

発作の時は、軽症のうちならメプチンを使えば、気管支がすぐ拡がるので楽になりますが、重症になってしまうと気管支の腫れがひどくなるのもそうですが、気管支が硬くて拡がりずらくなるので、メプチンを使ってもなかなか症状が取れなくなります。このような状態なので発作の時には致命的になる確立が高くなります。もちろん軽症でもひどい発作の場合は、気管支が詰まって呼吸ができなくなることがあります。軽症のうちからきちんと吸入ステロイドを使って、重症にならないように頑張ってください。重症で硬くなった気管支は、硬くなったまま元には戻りません。やはり発作を起こすほど重症になりやすいのですが、「自分はメプチンを使うような発作もなく軽症だから大丈夫だ」と未治療のまま最重症で受診する方も中には見かけます。

うまくまとまっていませんが、私の言いたいのは重症になってしまうと元通りに戻ることは難しいので、大きな発作がなくても軽症のうちからきちんと吸入ステロイドを使ってくださいということです。

質問した人からのコメント

2010/5/30 11:02:05

成功 たいへんためになる意見をいただきありがとうございます。ある程度のことは、自分でもわかっているのですが、更に突っ込んだ話が聞けてよかったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

res********さん

編集あり2010/5/3000:26:48

ちょっと、補足させてください。

気管支喘息は、喉と肺をつなぐ管である気管が、過敏になって腫れてしまう病気です。治療は、この腫れを抑えることにあります。

メプチンエアーは、発作の時に腫れて狭くなった気管を、「腫れているけど、とりあえず息ができるように広げる」薬です。腫れは治らないので、発作を繰り返してしまうと、腫れはどんどんひどくなっていきます。このような場合、ひどい腫れによって気管が詰まってしまうと、息が止まって死んでしまいます。

ステロイド吸入は、気管が腫れないようにする薬です。発作の時には効きませんが、普段から腫れないようにしておくことで、気管はだんだん正常になっていきます。

これが、「ステロイド吸入剤をあまり使用せず、メプチンエアーを常用する方が、喘息の状態を更に悪化してその結果、喘息死を招く」理由です。

喘息死を防ぐには、喘息が治るまで普段から吸入ステロイドを使い続けるのが一番なのです。

追記:
専門の方の文章だと思ったのですが、一般の人向けに補足させていただきました。
ベストアンサーはweiobirkmigiさんが適切かと思いますので、どうぞ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる