ここから本文です

客観主義と主観主義について

skb********さん

2010/5/2320:58:45

客観主義と主観主義について

社会学を勉強しており、客観主義と主観主義の立場(違い?)というか、言葉の意味?が正直あまり理解出来ていません。
(マルクスが客観主義の立場で、ウェーバーが主観主義の立場というのは何となく分かっているのですが…)

どなたか詳しい方が居たら教えてください。

また、参考文献などがありましたら紹介してくださると有り難いです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,004
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yoo********さん

2010/5/3019:01:46

社会学において客観主義と主観主義というのは、一般的な区別ではありません。

もし、教師がそういうことを教えていたとしたら、能力に疑問を感じます。
マルクスは、けっして客観主義ではありません。疎外概念や、イデオロギー論を客観主義というのは無理があります。またウェーバーが主観主義の立場というのも間違いです。ウェーバーは主意主義ですが、けっして主観主義ではありません。それでは理念型を主張することと矛盾します。

玉野編『ブリッジブック社会学』信山社が、初心者には分かりやすいと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる