ここから本文です

今タッチタイピング(ブラインドタッチ)を練習中で、キーの位置とそれぞれ割り当...

i_l********さん

2010/5/3013:57:28

今タッチタイピング(ブラインドタッチ)を練習中で、キーの位置とそれぞれ割り当てられた指は覚えたんですが、
急いで打とうとすると、どうしても決められた指を無視してしまいます。

人差し指・中指タイピングの名残なのか、早く打とうとすると人差し指と中指で打ってしまいます。
どうしたら直りますか?
e-typingというタイピングサイトで訓練中で、そこではちゃんとした指で打てるのですが・・・。

閲覧数:
781
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asa********さん

編集あり2010/5/3114:50:19

タッチタイピングは「手続き記憶」と云う体で覚える記憶です。この記憶は意識する前に手足が動いてしまうのです。それゆえ、急いで操作すると、ご指摘のように文字認識と同時に以前身に付けた名残による操作法が無意識のうちに出てしまうのです。この「手続き記憶」は一種の「癖」ですので、一朝一夕には直すことは出来ないのです。しかし、「同じ手順(手続き)」を繰り返し繰り返し行っていれば必ず身につくものなのです。
ご質問の趣旨はいかに短期間で直すかと云うことかと存知ます。そこでその具体的な方策です。折角覚えたキーの位置は横に置いおき、タイピングは「指の動かし方が文字(筆順)である」と自覚し、場所と時を考えずに、思い付いた時に「ホームポジションからの指の動かし方」のイメージトレーニングをすることです。運動選手等は外からの刺激に対し瞬時に対応できるように、このイメージトレーニングに途方もない時間をかけています。パソコンでの文字入力は書く(筆順)のではなく、打つ(指の動かし方)ことなのです。文字刺激に対してキーの位置を意識してから打鍵するのではなく、言葉を意識したと同時に指が動くようにすることなのです。これこそが「指の動かし方自体が文字の筆順である」と云うことなのです。見方を変えると意外な世界が開けてきます。

例えば、「お」の文字は、右手の薬指を上に伸ばし打鍵すると、また、「え」の文字は左手の中指を伸ばし打鍵する。
この「イメージトレーニング」については、下記のサイトを参照して見てはいかがでしょうか。
http://www.kanshin.com/keyword/1537799

タッチタイピングは「手続き記憶」と云う体で覚える記憶です。この記憶は意識する前に手足が動いてしまうのです。それゆえ...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zya********さん

2010/5/3119:30:04

有料になるんですが・・・

特打コップっていうソフトが最高ですよ!

僕は1週間ちょっとでタイピングを見ずにマスターしました!!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる