ここから本文です

重度のアトピーのところへ50度弱の熱いお湯をかけたら、気を失うくらい気持ちよ...

ame********さん

2010/6/420:05:54

重度のアトピーのところへ50度弱の熱いお湯をかけたら、気を失うくらい気持ちよいのはなぜですか?

補足同意の人がやはりいましたか

だれか医学的に詳しく教えてください!

閲覧数:
95,549
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uma********さん

2010/6/822:44:43

医学的ではないですが一考察として。
まず、始めに「何故、痒いところを掻くと気持ち良いのか」は現代医学をもってしても解明されていない問いなので、「そういう構造」という前提で進めさせてください。

痒いところに強い刺激を与えると快感です。
患部は表皮よりも深い真皮層以下で痒みを誘発する炎症を起こしています。
掻く、叩く、つねる、そして熱い何か(お湯、湯気、温風など)を当てる。
これらはどれも皮膚の深いところに刺激が届き、また同じ形の快感が得られます。
その中でも痒いところをまんべんなく均等に強い刺激を与えられるのは熱いお湯です。
痒みを100とします。
そしてツメでの一掻きで消せる痒みは強さなど可変要素もあるとして「2~5」位と仮定します。
これを20~50回ボリボリと反復して掻くことで「100」消せる感じです。
続いて熱いお湯の場合、消せる痒みは「25」位でしょうか。
これを今度は当てている時間(秒)で4秒で「100」消せる感じです。
この時の消せる痒みの数値が同時に快感の数値になると思います。
アトピーの場合の痒みはそれは身震いする程のもので、ツメで掻く事でも健常の方々には想像もつかないほどの快感が訪れます。
それが熱いお湯の場合、「まんべんなく均等に」という性能から、僅かな時間にこれほどの快感数値を発生させる。
はっきり言って現世にある言葉では表現出来ないほどの快感です。
熱いお湯が冷たく感じ、脳天から腰に電撃が走り、視界は白く濁り、立っているのも
ままならないといった表現でも足りない程です。

恐らく脳内では鎮痛作用を持ったオピオイド系の麻薬がこんこんとわき出ている筈です。
たとえ患部に傷口があってもしみたりしないのはこの為です。

しかし、実際この超ド級の快感の対価を支払わなくてはなりません。
それが世の常の様です。
それは、「皮膚と脳への深刻で最悪なダメージ」です。
皮膚は熱により脂分が流れ落ち、バリア機能が低下し次の皮膚形成へ悪影響を及ぼします。
結果ガサガサ、ゴワゴワになり乾燥、異物が進入し痒みを増長、我慢できず熱いお湯といった悪循環となります。
脳内は短時間における過剰な快感物質の分泌により受容体の感度が成長し憂鬱になり、再びこの快感を求めるといった依存に陥ります。

出すぎた私見ですが、行き着く先は破滅だとも考えております。

質問した人からのコメント

2010/6/9 14:43:59

わかりました!強い意志でやめます!
麻薬でもスパッとやめられますから僕はb

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yat********さん

2010/6/420:44:25

確かに気持良いけど、そのあとがざがざになりませんか?
いつもやめとけば良かったと思いました。やけどとおなじですもんね。

shi********さん

2010/6/420:09:32

わかります!
私も熱いお湯かけるとサーッと痒みが消えて気持ち良いと感じます。
何故かは解りませんが医者からはやめるよう言われましたが…

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる