ここから本文です

過酷な釣りとは? 猛烈な引きに耐えて釣り上げるのも過酷だし、源流釣行も過酷...

ite********さん

2010/6/1412:24:24

過酷な釣りとは?

猛烈な引きに耐えて釣り上げるのも過酷だし、源流釣行も過酷。
皆様が思う「過酷な釣り」とはなんですか?

閲覧数:
279
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

呑ませ釣り。

これは、一度アジを投入すると、あとはもう何もすることが無いのです。隣でチヌをやりながら待つ方もいますが、当方は専門なので。

気合いの入ったアジは、2時間とか頑張ってくれるので、ベイとを替えるまではひたすら、座って待つのみ。トータルで6時間とか7時間とか。

それでボウズとかザラなので、かなり苛酷ですね。特にこれからの季節は。

一応、アダルト向け雑誌を読みながら待っていますが、かなりキツイ。

何もしないというのが一番苛酷(に感じる)ということに気づきました。

質問した人からのコメント

2010/6/21 05:38:11

驚く 「釣れない釣り」が過酷と感じる人が多い見たいですね(^-^;
沢山の回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qpd********さん

2010/6/1421:06:26

イシダイ釣りですが・・・根掛かり多発は本当に過酷です。
気力・体力をもってかれます。
でも過酷(苦労)なほどそれが報われたときは嬉しいです。

sn_********さん

2010/6/1416:54:24

真冬の新潟荒川でみぞれの中、1日中9mの延べ竿を振り続けたこと

2010/6/1414:58:32

釣れないのも過酷ですが素人が釣りすぎるのもかなり過酷です。
厳寒の海で船に乗って友人3人でブリ釣りに行き2時間で600本のブリ(ワラサですが)が入れ食い・・。
竿ではなく10本サビキの手釣りです。だんだん握力がなくなり手の中で糸が滑り摩擦熱で火傷だらけ。
軍手をはいてもすぐに焦げてしまいます。船上はブリが散乱、寒いのに全員体から湯気が出ていました。結局持ち帰ったのはそれぞれ10~20本。残りは船頭にあげました。ヘトヘト疲れ果て規定の時間を大幅に残して帰ってきましたがあんな釣りはもうこりごり。程よく釣れるのが良いですね。

2010/6/1414:28:24

真夏、特にお盆休みに磯釣を2泊3日で朝から夕方まで影の無いところで竿を出すことが今のところ一番きつかったです。”死ぬか”とほんとに思いますよ。磯の岩に波がかぶると湯気が立つほど足場が焼けています。「我ながらバカかと思います・・」でも、今年もやっているんだろうなァ。

pan********さん

2010/6/1412:48:22

海外遠征して天候が悪く何も出来ずに帰ってくることほど過酷なものは無いですね。。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる