毎月」の読み方は

毎月」の読み方は 「まいつき」と「まいげつ」二つがありますね。 どう区別するのですか。 日本語を勉強しているので、詳しく教えて頂ければ嬉しいです!よろしくお願いします。

日本語3,389閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

意味の違いはありません。 でも、私は「まいつき」と言う人が多いように感じています。 毎秒・毎分・毎時間・毎日・毎週は「音読み」だけです。 「毎月」「毎年」は「音読み」と「重箱読み」の両方があります。 「重箱読み(じゅうばこよみ)」「湯桶読み(ゆとうよみ)」という言葉を知っていますか。これらは2字の一方「音・訓」を違えて読む読み方です。「じゅう」は音読み、「ばこ(はこ)」は訓読み。「ゆ」は訓読み、「とう」は音読み。したがって、「まいつき」「まいとし」は重箱読みです。 日本で使う漢語には中国から入ってきた漢語と、日本で作られた和製漢語があります。この両方に音音読みと音訓読みと訓音読みをするものがあります。 慣れて覚えてゆくしかありませんが、ひとつだけでいいから、よく聞く「読み」(発音)を覚えていれば、話したり書いたりするには十分だと思います。日本人だって、知らないことや、出来ないことがいっぱいあります。そういう時は国語辞典を引きます(調べます)。頑張ってください。

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

どちらかといえば”まいげつ”というのが正しい読み方です。 そもそも日本で使われている漢字には”漢音”、”呉音”があるのはご存じですよね? それに加えて訓読みがあります。 訓読みとは日本に於ける慣用的な使い方です。 ”ゲツ”とは漢音で、”まい”は呉音です。 漢音で統一されるか呉音で統一されるかが本来の正しい読み方になりますが、”毎”字の漢音読みは日本には定着しなかったようです。 伝説では吉備真備がそれまで呉音しか伝わっていなかった日本に漢音をもたらしたとなっています、その努力が及ばなかったようですね。 ”まいげつ”は重箱読みであり、戦前の漢和辞典ではその読みは使われておりませんでした。 戦後になってからの慣用で、本来は誤った用法でしょう。