ここから本文です

チェストドレーンバックについて教えて下さい。 3連式バッグで、自然ドレナージの...

dys********さん

2010/7/120:23:51

チェストドレーンバックについて教えて下さい。
3連式バッグで、自然ドレナージの場合に陰圧調整部の滅菌蒸留水の量が10cmでも0cmでも変わらないということなのですが そ れが何故なのかわかりません。医師にきいても今一つ納得がいきません。
いろいろサイトも調べましたがやっぱりわかりませんでした。持続吸引時には水の量によって圧に差がでるのに自然圧ならなぜ変わらないのかがわかりません。変わらないのであればクランプしてる状態とどう違うのかわかりません。
どなたか解りやすくご教授下さい。よろしくお願いします。

閲覧数:
4,110
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qrs********さん

2010/7/611:55:08

陰圧調整部の滅菌蒸留水の量は吸引圧の上限を設定するものです。圧をかけてのドレナージの際は陰圧調整部は吸引管に接続されてかなりの陰圧がかかっていますが、蒸留水の高さを超える圧がかかると、外部から陰圧調整部に空気が流入して、ドレーンに蒸留水の高さを超える圧がかからないようになっています。
通常、吸引管の吸引圧>蒸留水の高さの圧なので蒸留水の高さがそのまま吸引圧を決めることになります。
(陰圧調整部は圧をかけてのドレナージの際は常に空気が流入してぶくぶくいっているはずです。)

しかしながら、自然ドレナージで陰圧調整部を吸引管につないでいない時は陰圧調整部に陰圧そのものがかかっていないので、蒸留水の高さを変えて圧の上限をかえたところで、ドレーンにかかる圧は変化しません。

また、自然ドレナージでも胸腔内の気体・液体はある程度排出されますが(当然陰圧がかかっているときに比べると弱い)、クランプしていれば全く排出されません。

質問した人からのコメント

2010/7/6 13:46:18

降参 わかりやすくおこたえいただいて、ありがとうございます。
後輩に上手く教えられなくて、私は本当はよくわかってなかったんだと気付き恥ずかしい気持ちがありました。
本当にありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる