ここから本文です

汗をよくかきます。 匂いが気になって仕方ありません。 汗のにおいを抑えるため...

a1a********さん

2010/7/321:44:44

汗をよくかきます。
匂いが気になって仕方ありません。
汗のにおいを抑えるための対策を教えてください。

閲覧数:
549
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mor********さん

2010/7/321:49:41

近年の研究で人間の汗腺の数量は0から6ヶ月までに生育した環境によって最大で数百倍の差が出るとの事です。つまり5月生まれで高温多湿な季節に同じく高温多湿な環境で生育したならば体温調整の必要性からより多くの汗腺が発現してしまう訳です。体温調節には有利で新陳代謝が活発な体質以外の何物でもありません。
あえて「多汗症」として対策を講ずるのであれば汗腺に関する知識を深めねばなりません。多汗症とは様々な原因により2つの汗腺(エクリン腺・アポクリン腺)のうち、エクリン腺から分泌される汗が必要以上にでる症状、病気、体質のことで全身的に起こる場合を全身性多汗症、掌や足の裏、腋下など特定部位にだけ起こる場合を局所性多汗症といいます。しかし汗は人間が生きていくためには欠かせない機能で汗を全くかかない人はおらずどこまでが通常で、どれくらい汗をかくと多汗症かの線引きをできないのも確かです。また症状は個人差が大きく掌の場合少し汗ばむ程度の人から、手が濡れるほどの人、汗が滴り落ちるほどの人まで様々です。
<精神性発汗>次に原因を考察してみましょう。多汗症が発汗恐怖症とも呼ばれるのは緊張・不安等精神的な問題が原因と考えられます。ストレスを感じたり、緊張したり不安があると制御することの出来ない自律神経のうち交感神経が優位になり汗腺(エクリン腺)の働きが活発になり汗が出やすくなるのです。
<遺伝>直接の原因ではありませんが多汗症の原因といわれているのが性格が遺伝したために精神性発汗が起こりやすくなっている可能性も否定できないのです。
<肥満>肥満の人は種々の理由により汗をかきやすいので肥満の人に多汗症の人が多いと思われているのです。脂肪が厚いため体熱が放出しづらく汗をかいて体温調節をしているのです。運動不足であるため少し動いただけでも汗をかく。内臓脂肪の多い人も汗をかきやすいのは同じです。また内臓脂肪は臭いの元となりやすい脂肪酸を多く含んでいるため、皮脂腺やアポクリン腺から分泌される皮脂や汗自体が体臭の原因にもなりやすいので注意が必要です。
<食生活>食生活が原因で多汗症になっている場合もあります。病気・疾患・症状は多少なりとも食生活に影響されている事が多いのです。熱いものを食べたときに汗をかくのは温熱性発汗、辛いものを食べたときにかく汗は味覚性発汗で、ともに誰でもかく汗なので正常ですが、これらが過剰、特に味覚性発汗が過剰な場合は味覚性多汗症と呼ばれる事もあります。多汗症になりやすい食生活としては動物性脂肪の多い肉類中心の欧米化した食生活、アルコールの過剰摂取、香辛料の多い食品の過剰摂取、カフェインの過剰摂取があげられます。
<疾病・疾患>何らかの病気・疾患、具体的には中枢神経系の異常・循環器疾患・内分泌異常・代謝異常などで多汗症になることもあります。病気や疾患が原因でなる多汗症は局所的に起こることは少なく、全身的に起こることが多いので、全身性多汗症に区別されます。甲状腺機能亢進症(バセドー病)、褐色細胞腫、末端肥大症、急性リウマチ、生殖器障害、糖尿病、結核があげられます。ある日から突然汗の分泌量が増えたり、汗をかきやすくなった場合は病気や疾患が原因の場合もありますので早めに内科等で診察を受けましょう。
<ホルモンバランス>ホルモンバランスの崩れが原因の場合もあります。脳の視床下部はホルモン分泌とともに自律神経も制御している器官でもある為ホルモンバランスが崩れると自律神経のバランスも崩れ体温調節機能が低下し多汗症となります。生理・妊娠・更年期等、ホルモンバランスの影響を受けやすい女性にはこのタイプの多汗症は多いようです。
<対策1・リラックス&開き直る>精神的な問題が大きな原因だと考えられるためストレスを溜めない発散するリラックスを留意する事がもっとも重要です。
<対策2・食生活の改善>精神的な問題だけでなく食事をしたときに過剰に発汗する場合もありますので食生活の改善である程度予防することも可能です。
<対策3・制汗剤を利用する>多汗症対策として、市販されている制汗剤を利用するのも一時的には有効です。制汗剤とはその名の通り汗を制御する製品で、いまでは多くの種類が販売されていますので、自分の状態や好みに合わせて選べばいいでしょう。
<対策4・肌を清潔に保つ>多汗症の直接の原因であるエクリン腺から分泌される汗自体はニオイの原因となりにくいのですが、それでも汗をかいたままそのままにしておくと肌表面に常在している細菌に分解され臭いが発生します。
<対策5・被服の工夫>例えば夏でもTシャツ1枚だけを着るのではなく、重ね着をすれば体、わきの下の汗はほとんど目立たないので、「いつ汗をかいても大丈夫だ」と思えますので精神性発汗が起こりにくくなります。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaz********さん

2010/7/321:46:28

今朝のテレビでコップ一杯のお酢をお風呂に入れるといいと言っていました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる