ここから本文です

不動産仲介で取引態様で一般媒介と仲介とは違うのですか?自分では同じものだと解...

bou********さん

2010/7/711:49:19

不動産仲介で取引態様で一般媒介と仲介とは違うのですか?自分では同じものだと解釈していますが。。。

閲覧数:
69,275
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sus********さん

2010/7/712:37:39

不動産用語に限れば、媒介=仲介です。法令文書等では媒介の用語を、会話等では仲介を使う事が多いです。
媒介には、3種類あります。一般媒介、専任媒介、専属専任媒介です。一般媒介とは、売主(または貸主)になろうとする人が、複数の不動産屋に取引の相手方を探す依頼ができる形式です。他の2つは、依頼できる不動産屋は一社だけです。複数に頼める一般媒介が有利と思われそうですが、一社に任せる方が安心で確実な場合があります。どのタイプにするかは、依頼する人の方が決めます。

つまり、ご質問の答えを端的に言えば、一般媒介とは仲介の一種類である、という事ですね。

買主(または借主)になろうとする人は、売り物件が一般媒介か否か、というのは、交渉段階では結構重要ですが、一旦契約してしまえばどうでも良い話です。少なくとも、物件の特性には何の関係もありませんし。

だいたいこんなところでしょうか?より詳しいご説明をお求めでしたら、補足していただければと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「一般媒介 仲介 違い」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vit********さん

2010/7/712:28:53

仲介の中の一つの契約形式として、一般媒介があります。

簡単に違いを書きます。

一般媒介・・・一社ではなくて、複数の宅建業者に仲介の依頼ができます。

専任媒介・・・一社のみに、仲介を依頼します。

専属媒介・・・一社のみに、仲介を依頼します。自分で発見した売買の相手とも
契約をする事ができません。(必ず依頼をした業者を仲介者として
契約を進めるという意味です。)

順番に、宅建業者とのしばりが強くなるのがお分かりでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる