ここから本文です

平城宮跡はいつからあんなに広い土地が手つかずだったのでしょうか?

abc********さん

2010/7/1414:37:42

平城宮跡はいつからあんなに広い土地が手つかずだったのでしょうか?

今年平城遷都1300年祭が行われている、平城宮跡。再建された朱雀門から昨年建築なった大極殿までのあの広大な区画は現在史跡として残されていますが、いつからあのような建物のない状態だったのでしょうか。あれだけ広い土地を手つかずのまま、奈良時代以降も保存されていたのか、明治もしくは近年関係ない建物を他へ移転させて平城宮跡の区画を残したのか、いろいろ調べてみましたが見当たりません。どなたかご回答お願いします。

閲覧数:
522
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

h37********さん

2010/7/1416:02:53

平城宮跡と平城京跡を混同して書きますが、かなり前に平城京跡に行ったとき放置された都市遺構がどういうふうに消えていったかを説明しているイラスト付パネルがありました。詳しくは覚えていないのですが、しばらくはスラム化して街の形は残っていたものの徐々に朽ち果て、水田に姿を変えていったようです。
やがて人々の記憶からも消えていき、考古学の観点から平城京の位置が特定されるのは江戸時代末期にまで時をおいてしまいます。さらに本格的な発掘作業がはじまるのは明治になってからです。現在のように更地になったのは戦後、国が一帯を特別史跡として買い上げ国有地としてからのようです。

質問した人からのコメント

2010/7/16 23:33:22

感謝 ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる