ここから本文です

腸粘膜での代謝についてです。グルクロン酸抱合によって極性の上がった薬物は尿中...

the_phantom_jetさん

2010/7/1523:44:28

腸粘膜での代謝についてです。グルクロン酸抱合によって極性の上がった薬物は尿中に排泄されると書いてありましたが、その代謝産物はどのように尿中に排泄されるのでしょうか? 水溶性になると腸粘膜から吸収

されにくく、血流に入りにくいと考えられるのですが、その代謝産物はどのように腎動脈まで到達するのでしょうか? 吸収されて、肝臓の門脈へ行くのでしょうか?

補足回答ありがとうございます。細胞膜はリン脂質二重層なので、疎水性でないと吸収されないと考えたからです。 水分吸収とは水溶性の物質が細胞膜のトランスポーターやアクアポリンを介して吸収されるということなのでしょうか?

閲覧数:
2,707
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mitchannabeさん

2010/7/1614:22:59

>水溶性になると腸粘膜から吸収 されにくく、血流に入りにくいと考えられる
なぜそうお考えになるのでしょうか?
腸粘膜の作用の一つに水分吸収があり、水溶液ごと粘膜で吸収し、門脈から肝臓に運べば良い訳です。
またグルクロン酸抱合は主に肝臓で行われます。
水溶性にならなければ、尿から排泄はできません。
「腸粘膜より吸収された脂溶性物質は、肝臓によりグルクロン酸抱合を受け、水溶性になって腎臓より排泄される。」
でよいかと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。