ここから本文です

権利書の記載価格と売却益に対する課税額について

mrb********さん

2010/7/1608:12:30

権利書の記載価格と売却益に対する課税額について

昭和43年に父親が取得した不動産(平屋付きの土地)の権利書に
土地と平屋の価格が計240万円と記載されています

両親は既に他界しているので、不動産名義を昨年、私(一人息子)
の名義に登記し直しました

質問1)権利書に240万円と記載されているのは、当時の評価額
と考えて良いでしょうか?

この平屋付きの土地を不動産屋(多分建売で)から、父親が購入
した契約書には、750万円で売買契約したと金額が記載されています。
私が、この不動産を500万円で売った時、私に対して発生する課税額は

質問2)発生しないと考えて良いでしょうか?
理由:父親が購入した金額が750万円であり、私が500万円
で売却しているので、私に売却益が発生しない為と考えて良い
でしょうか?

質問3)権利書の表記価格240万円より、高い金額の500万円で
売却しているので、差額の260万円に20%課税されると
考えるべきでしょうか?

権利書の記載額の意味と、不動産契約書の金額で課税額が決まると
思って良いか、教えて下さい。

以上宜しくお願い致します。

閲覧数:
3,903
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cct********さん

2010/7/1609:19:59

質問1への回答
権利書に記載されている240万円は、登録免許税を計算するための固定資産税評価額です。
今回の譲渡にかかる譲渡益の計算にはなんの関係もありません。

質問2への回答
譲渡された土地建物をお父様から相続により取得されたということですので、お父様の取得時期(昭和43年)・取得価額(750万円)を引き継ぐことになります。
譲渡所得の計算は以下のようになります。
①総額750万円を土地と建物に分けます。
契約書に建物価額が明記されていないなど取得価額が不明な場合は、標準的な建築価額によることも可能です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2009/kisairei...
木造で昭和43年新築だったら22.2千円/㎡です
②建物の減価償却費を計算します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2009/kisairei...
③譲渡原価の計算
750万円-②で計算した減価償却費=譲渡原価
④譲渡所得の計算
譲渡収入-③の譲渡原価-譲渡費用(契約書の印紙や仲介手数料、登記費用など)=譲渡所得金額
⑤税額
④の譲渡所得金額が0以下なら課税はありません。
譲渡所得金額生じる場合、他に所得がなければ
(譲渡所得金額-所得控除合計)×(所得税15%+住民税5%) となります。


質問3への回答
質問1への回答の通りです。

質問した人からのコメント

2010/7/20 10:14:36

良く分かりました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yon********さん

2010/7/1609:19:55

購入時の売買契約書の金額を使用します。

750万円で買って500万で売れば損失が出ます。

確定申告をすれば他の所得から引けます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

adr********さん

2010/7/1608:34:41

相続したわけですよね。いくらで相続したのですか?それが取得です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる