ここから本文です

南極観測隊について 南極観測隊ってどういう調査をしてるのですか?また南極観測...

tpg********さん

2010/7/1917:06:22

南極観測隊について
南極観測隊ってどういう調査をしてるのですか?また南極観測隊の調査はいったい何の役に立っていますか?

補足南極観測隊の調査って社会的に役立ってない気がします。お金の無駄遣いな気が…

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,708
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

soy********さん

2010/7/2105:26:26

地下に眠る資源の探索、気温変動の観測、過去に存在した生物の調査など凍土における地球の未知に迫る調査を行っています。
現時点ではわかったことがあまりないので、役には立っていないかもしれません。しかしながらこの手の調査を否定すると海洋調査、地質調査などの地球環境に携わるすべてのお仕事を否定することになってしまいます。それでは今地球がどうなっているのかわからなくなります。だからお金の無駄なんて言わないでください・・・
飽くなき探究心があるからこそ、人は研究・調査を行います。有益な情報・技術は大量の無駄な努力のなかから見つかるのです。
いつかきっとすごい発見があると信じています!!

質問した人からのコメント

2010/7/21 18:05:04

降参 なるほど。この無駄に見える調査は人類の科学の進歩や新たな何かの発見の手助けをしているのですね。良く調べたら、南極における気象観測によりオゾンホールが見つかって国際的な評価を受けたという事例がありました。良い答えをありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pap********さん

編集あり2010/7/2019:36:48

南極観測隊のホームページです。
http://wrs.search.yahoo.co.jp/_ylt=A3xTxhVMCERMOXEBR2WDTwx.;_ylu=X3...
越冬隊は1年に渡って昭和基地、またはドームふじ観測拠点で生活をしながら観測を行う。
観測隊は海上自衛隊の保有する砕氷艦(いわゆる『南極観測船』)に乗船し、通常は日本(東京港)を11月14日に出発する。観測隊員は11月末に飛行機でオーストラリアへ渡り、現地で乗艦して昭和基地へ向かう。東オングル島沖には12月または1月ごろ到着し、昭和基地を最大の拠点として観測を行う。2月1日に前年の越冬隊と新年の越冬隊が交替する。越冬しない夏隊は、前年の越冬隊と共に南極観測船で日本へ帰還する。この間に、越冬隊が1年間に使用する機材や燃料、食料などが昭和基地に運ばれる。補給はこの1回のみしか行われない。前年の越冬隊が出した廃棄物は南極観測船に載せられ、日本に運ばれて処理される。また、最近では過去に使用した雪上車の廃車など、以前の廃棄物の回収と日本への持ち帰りも行われている。

現在では、約60名で構成され、うち40名が夏隊・20名が冬隊である。

南極観測船の日本への帰還は例年4月中旬である。観測隊員はオーストラリアで下船し、飛行機で一足先に日本へ帰還する。越冬隊は出発の翌々年に帰還することになる。出港と帰港はテレビのニュース報道で紹介されることも多い。南極は(南半球のため)1月が夏で、比較的接近が容易であるため、この時期に隊の入れ替えが行われる。第1次隊から交代の季節はほとんど変化していない。

補足・・・・
今現在としてはメリットは無いと思います。
南極は領土主権行使が凍結されています。
氷だけの北極と違い平均標高は2,200mであり、六大陸中で最も高い。2位のアジア大陸 (960m) の2倍以上の値です。
広さも地球の全陸地面積の8.9%を占めています。
大量の資源が眠っている可能性が有ります。
資源に乏しい日本にとっては希望としませんか?

南極観測隊のホームページです。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる