ここから本文です

相撲の手つき

アバター

ID非公開さん

2010/7/2111:01:05

相撲の手つき

北の湖が現役だったころ、相撲の手つきはテキトーでした。
両手共に全く手を付かず、中腰で立ち合いの仕切りをしてました。
YouTube などにアップロードされている動画を観ると、昭和59年当時は未だこのような立ち合いでした。
現在のように、しっかり手をつかないと 『 手つき不十分 』 として始めからやり直ししなければならなくなったのは、何年の何場所からですか?

補足kurenaishiroさん、それは 「 つっかけ 」 のことではないですか?

つっかけ で制裁金を取られたのは知ってます。
でも、 手つき不十分 で制裁金が取られたことはないと思います。

閲覧数:
522
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pro********さん

編集あり2010/7/2118:59:49

北の湖に限らず、ほとんどの力士が手つき不十分だったので、昭和59年秋場所から厳格化されました。蔵前国技館最後の場所。当初は何度もやり直しされられる力士がいました。


補足、10万円の罰金は立ち合いの待ったが正解です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kom********さん

2010/7/2112:23:23

1984秋場所からです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる