ここから本文です

夏・バイオリンについて。

mel********さん

2010/7/2200:10:31

夏・バイオリンについて。

習い始めて1年未満の者です。

夏場の車中は高温になりますよね。
ここ数日は特にひどいものです。

私が通うバイオリン教室は自宅から片道2時間ほどかかります。
走行中はエアコンをつけています。

用があって30分ほど車を離れる場合があります。
エンジンを切ると、たちまち車中温度は上昇しますよね。
30分とはいえ、バイオリンと行動をともにした方がいいのでしょうか?

それとも。
車中でも日が当たらないようにしておけばよいでしょうか?

バイオリンケースはごく普通の物を使用しています。

初歩的な質問かとは思いますが、お知恵をお貸しください。

閲覧数:
1,413
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ero********さん

2010/7/2200:14:01

たとえ数分であっても、楽器を閉め切った車内に放置してはいけません!
特にヴァイオリンは木でできた楽器。木というのは高温多湿の環境では膨張してしまうのです。
その結果表板にひびが入ったりします。

質問した人からのコメント

2010/7/26 22:12:29

みなさま!
ご回答ありがとうございました。
迷いましたが、最初にお答えいただいた方をベストアンサーに選ばせて頂きました。

また何かございましたらよろしくお願い致します。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mom********さん

2010/7/2421:39:49

車の中に、特に夏にバイオリンを置いておくのは
絶対にやめたほうがいいです。楽器屋さんと
私のバイオリンの先生が言ってました。
壊れるんじゃないでしょうか。車に置かずに
行動を共にしたほうがいいですよ。

2010/7/2218:39:43

車中に楽器を置き放しなんて、全く「絶対に」有り得ん話だね。
質問するまでもない常識よ。
当たり前のことです。
認識を改めましょう。

kur********さん

2010/7/2215:53:55

ヴァイオリンに対する高温の最大の影響というのは、下の方も書かれているように、ニカワがはがれてしまう、ということです。
ところが、ごく安価な楽器は、ニカワではなくボンドで接着してあります。
ですから、その手の安い楽器なら、ちっかり下ケースにさえ入れて緒おけば、高温の室内に入れておいても、あまり影響はありません。
夏用に、壊れない楽器を一丁買う、というのもひとつの方法でしょう。

hap********さん

2010/7/2211:49:39

すでに前の方々が答えられているように
この時期,車内に置いておくことは楽器に良くないと思います。

運転中も,直射日光が当たらないように,ブランケットなどでケースを覆うように
私は教えられました。

どうしても,車内に置いておかないといけないときは,日陰を選んでいますが…
夏場はこわくてできません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

orp********さん

2010/7/2207:37:16

ケースに入れておけば木材への影響は少ないですが、問題はニカワです。
ヴァイオリンは、ニカワという動物のコラーゲンで出来た接着剤で接着されています。ニカワは4、50℃になると溶け始めますので、車の中に起きっぱなしでは接着が剥がれて酷ければバラバラになってしまいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる