ここから本文です

現在障害者年金(障害基礎年金+障害厚生年金)20歳以降初診日で治る見込み無しで...

seisuke0910さん

2010/7/2201:19:58

現在障害者年金(障害基礎年金+障害厚生年金)20歳以降初診日で治る見込み無しで今度仕事を始めようと考えています。所得制限が無いと聞いているのですが本当ですか

また今37歳ですが現状で構わないので60歳からの年金は今もらっている障害年金に比べると激減するのでしょうか
何かできる事は無いものでしょうか
よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
530
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mi5yutaさん

2010/7/2201:45:45

いわゆる20前の障害基礎年金は所得制限がありますが、通常のにはないので安心して下さい。まず、障害基礎年金は2級が満額の老齢基礎年金と同一で、1級が満額の老齢基礎年金の25%増しなので、基礎年金の方は特に減ることはなくむしろ1級だと増えます。厚生年金は貴方の様に若くして障害を負ってしまった場合は25年(300月)加入していたとみなして計算します。こちらも1級は25%増しですが、老齢厚生年金は加入していた分反映されるので40年(480月)加入していた人と比べれば下がってしまうでしょう。しかしながら、今度仕事を始めようと考えているようなので、再び厚生年金に加入すれば当然過去の加入期間と合算されるます。ちなみに現在の年齢からすると貴方が老齢厚生年金を受給できるのは65歳からなので、その時に障害厚生年金と老齢厚生年金のどちらかと障害基礎年金は両方もらえるので、多い方を選択すれば良いかと思います。なお、基礎年金の方は障害基礎年金を受給していると法定免除になり、仮に老齢基礎年金を支給する際にその額が半額になります。しかし、貴方の障害が治る見込みがないのならば、一生障害基礎年金を受給できその額は老齢基礎年金と同額か少し多いので心配はいりません。また厚生年金は過去の保険料を追納できないので、今後貴方が何年加入するか分からないので65歳なった時点で比べて見て下さい。どのみち、激減ということはないので安心して下さい。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2010/7/2503:32:47

こんにちは。

現在、障害年金(障害基礎年金+障害厚生年金)を受給中で20歳以降に初診日があるのとのことですが、「治る見込み無し」との書かれ方だと、障害の認定は永久固定なのでしょうか? それとも有期固定(一定年数ごとに医師の診断書を提出)がなのでしょうか?

どちらでも所得制限はありませんが、有期固定の場合は定期的に診断書を提出するので、障害の状態が変化したら(年金の)障害等級が下がることになることも長期的には無いわけではありません。

また、(年金の)障害等級が2級であるうちなら障害基礎年金は出ますが、3級は基礎年金が支給されなくなります。その場合は80万円近くの減額になることもあります。

働いて貯蓄をできるのであればしたほうがよいかと思います。

働くにあたり注意点は下記のとおり。
①勤務日数や時間がその事業所のフルタイムの方と比べて4分の3未満のときは、厚生年金に加入することができないこともあります。

②障害年金をもらっている方などで、現状では国民年金の保険料の負担は免除されているでしょう。しかし、免除されている期間は通常の納付した期間の半分しか評価されません。就労しても国民年金に加入しつづける場合、定期的に免除期間の追納を申し出て支払った方がよいかもしれません。


尚、年金をもらうときの注意点は下記のとおりです。
①60歳からの年金は、障害年金をもらい続けていれば「障害基礎年金+障害厚生年金」、「老齢基礎年金+老齢厚生年金」からどちらか有利なものを貴方が選択できるということ。

②しかし、貴方の生年月日だと、60歳になったときに老齢年金をもらうためには「繰り上げ支給の手続き」でしかもらえないので、繰り上げした分、年金の支給額が減額されます。この金額は65歳以降、終身までずっと減額されたままです。
よって、65歳になるまでは老齢年金が障害年金を越すことはないではないかと思われます。

③65歳からの年金は、障害年金をもらい続けていれば「障害基礎年金+障害厚生年金」、「老齢基礎年金+老齢厚生年金」の他、「障害基礎年金に老齢厚生年金」といった組み合わせの中から「最も有利なものを貴方が選択できる」ということ。

④③の選択を一度しても、その選択をいつでも変更することができること。また、選択する前に、年金事務所に相談すれば見込み額を教えてくれるので、教えてもらってから選択の判断ができること。

⑤障害年金は所得税・住民税とも非課税ですが、老齢年金は課税です。有利かどうかは、税制の面からも検討してください。

よって、「今もらっている障害年金に比べると激減するのでしょうか」との質問には、有利なものを選べばよいかと考えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。