ここから本文です

○○が赤くなると、医者が青くなる。

msa********さん

2010/7/3013:57:49

○○が赤くなると、医者が青くなる。

○○は、トマトですか柿ですか?
それとも、他のものですか?

トマトも柿もどちらも聞きます。

原典は何でしょうか?

(-o-)/

閲覧数:
24,692
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mer********さん

編集あり2010/8/417:49:23

「柿が赤くなると、医者が青くなる」は、古くからある日本の諺です。
http://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_tisiki/kotowaza/#kaki

「トマトが赤くなると、医者が青くなる」は、ヨーロッパの諺の
「A tomato a day keeps the doctor away.」
(1日1個のトマトは医者を遠ざける)を意訳したものです。

「An apple a day keeps the doctor away」とも言うようです。

質問した人からのコメント

2010/8/5 22:05:05

ありがとございます

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

2010/7/3014:12:16

秋になって色づいた栄養のある柿を食べるようになると、病人がたちまち少なくなってしまうから、医者は大変困ったという意味です。
日本の秋の代表的なフルーツである柿は、古い栽培暦を持つ世界に誇れる果実です。
〝KaKi〟という言葉は万国共通で、学名も〔ディオスピロス・カキ〕といい、"神から与えられた食べ物"という意味が有るほどです。

赤く熟れたトマトも栄養素が高いので同じような諺になったのでは?

プロフィール画像

カテゴリマスター

ya1********さん

2010/7/3014:12:09

「柿」です。明治以前にトマトなんか日本には存在していません。柿は病を治す果物と言われ、熟して食べごろになれば医者にかかる人はいなくなってしまう―という故事によります。一説には、その時期には農繁期で農民は忙しく、医者にかかっていられない―ということから発した言葉だとも言われています。

mov********さん

2010/7/3014:07:10

柿は。。。すみません、きいたことないです。

ヨーロッパでは、トマトらしいですね。イタリア発祥のことわざのようですが、
英語圏では、りんごですね。。

aka********さん

2010/7/3014:00:20

柿は聞きますけど、トマトは???あとは「りんご」もよく聞きます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる