おんさA、Bを同時に鳴らすと毎秒3回うなりがきこえた Bのおんさに針金を巻きつけAを鳴らすとBに共鳴した Aの振動数を350HzとしておんさBの振動数をもとめよ で

おんさA、Bを同時に鳴らすと毎秒3回うなりがきこえた Bのおんさに針金を巻きつけAを鳴らすとBに共鳴した Aの振動数を350HzとしておんさBの振動数をもとめよ で Bの振動数をFbとすると Fb=353、347になるのですが答えは353です 共鳴が関係してると思うのですが共鳴するとどうなるんですか?

物理学1,561閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

音叉に針金を巻きつけると、重くなるので振動がゆっくりになり、振動数は小さくなります。←ここがポイント 共鳴は双方の振動数が同じときに起こります。 振動数が小さくなり共鳴したので、元の振動数はAより大きかったことがわかります。 Aの振動数が350Hz、うなりが3回/秒なので、Bの元の振動数は353Hzです。

2人がナイス!しています